ちー婆(ばぁ)ちー婆(ばぁ)

こんにちは、山菜が大好きなちー婆(ばぁ)です。

「山菜」は、人が育てる「野菜」と違って、野山に自生している種類です。

ちー婆(ばぁ)が、子供の頃に食べた最初の種類は、家の裏の土手で採った土筆(ツクシ)。

重曹でアク抜きをしても、少し苦みが残る土筆を食べると、春だなと感じたものです。

 

そして、ここ数年は、山菜採りにすっかりはまっています!

春の時期になると、散歩のついでに菜の花を摘んだり、地元の山菜を採ったり…

でも…

そろそろタケノコやワラビだけでなく、他の種類の山菜も採って食べたいなあと…

ということで今回は、春に採れる山菜23種類の特徴や食べ方(料理)についてまとめて紹介していきます。

Sponsored Link



【山菜】早春に採れる6種類!特徴や採れる場所、おすすめの食べ方は?

日本では、お正月気分を終わりにするために、1月7日に「七草がゆ」を食べる風習がありますね。

七草がゆには、その名の通り「7種類」の山菜や野草が入っています。

その中のひとつが、春一番の山菜「セリ」です。

 

セリに含まれる山菜独特の「苦み」は、食べ過ぎて疲れ気味になっている胃を休めてくれます。

それでは、春一番に採れる「山菜6種類」の収穫時期や採れる場所、特徴や食べ方(料理)を紹介します。

セリ(芹)

春になると、たくさんの新芽が競い合って自生している様子から「競(せ)り」という名前が付いたそうです。

  • 学名:セリ科セリ属
  • 時期:1月~4月頃
  • 分布場所:日本全国(田んぼの畔(あぜ)、川辺など水の多い湿地)
  • 特徴:独特の香り
  • 食べ方:和え物、鍋、炒め物

ふきのとう(蕗の薹)

野山に自生している「ふきのとう」は、山ふきと呼ばれるフキの蕾(つぼみ)で、雪解け後の春の訪れを象徴する山菜です。

  • 学名:キク科フキ属
  • 時期:2月~5月頃
  • 分布場所:日本全国(周囲に水があり、湿った直射日光が当たらないところ)
  • 特徴:ほろ苦く独特の風味
  • 食べ方:天ぷら、味噌汁

ツクシ(土筆)

土筆は、春の山菜として最もよく知られている植物で、ハカマを取り除く下処理が必要です。

  • 学名:トクサ科トクサ属
  • 時期:3月~6月頃
  • 分布場所:北海道から九州(土手や河原、道端、空き地など)
  • 特徴:地中に深く根を張って成長する 土筆の頭部分は苦みがある
  • 食べ方:佃煮(つくだに)、天ぷら、和え物、炒め物、山菜ごはん

たらの芽

「山菜の王様」と言われている人気のたらの芽は、初心者はウルシを間違えて触ってしまい、かぶれることも…。

また、たらの木には、素手では触れないほどの鋭いトゲが枝にあるので、収穫の際は十分に注意してください。

  • 学名:ウコギ科タラノキ属
  • 時期:3月~4月初旬
  • 分布場所:日本全国(林道や道路の脇など、人が木を切って太陽の光が当たりやすくなっているところ)
  • 特徴:ほのかな苦みと香り
  • 食べ方:天ぷら、おひたし

あしたば(明日葉)

あしたばをアク抜きする方法は、茹でたあとに冷水にしばらくつけておきます。

伊豆諸島では、あしたばの粉末をケーキや蕎麦(そば)、こんにゃく、アイスクリームの中に入れて、地元の土産物として売られています。

  • 学名:セリ科シシウド属
  • 時期:2月~5月
  • 分布場所:千葉、神奈川、伊豆などの暖かい海岸付近に自生
  • 特徴:葉は大きくて厚みがあり、セリに似た香りがする
  • 食べ方:天ぷら、味噌汁、おひたし、煮物、炒め物

アマドコロ(甘野老)

アマドコロは、多年草で地面に根を伸ばし、春になると地上に芽を出して花を咲かせます。

  • 学名:ユリ科アマドコロ属
  • 時期:3月~4月
  • 分布場所:北海道から九州山形県や青森県などの東北地方では(山菜として市場に出荷している)
  • 特徴:若芽は旬の時期に食べると甘くてアスパラガスのような味で食べやすい
  • 食べ方:おしたし、酢味噌和え、天ぷら

 

【山菜】春真っ盛りに採れる8種類!特徴や採れる場所、おすすめの食べ方は?

春の訪れを告げる梅の花や桃の花が散ってしまうと、次はいよいよ桜の花が咲き始めます。

日本は、春になるといろいろな花が咲き、とても賑やかですよね。

 

でも、「花より団子」?

4月になると、各地で山菜採りを楽しめます。

ここでは、特に4月からが旬の「山菜8種類」の収穫時期や採れる場所、特徴や食べ方(料理)を紹介します。

こしあぶら(漉油)

「こしあぶら」の名前の由来は、昔この木の樹脂(あぶら)を採り、漆(うるし)のように塗料として、使っていた事から由来しています。

山菜の王様「たらの芽」に対して、こしあぶらは「山菜の女王様」として人気があります。

  • 学名:ウコギ科ウコギ属
  • 時期:4月~5月
  • 場所:北海道から九州(山から山間部まで比較的日当たりのいい場所)
  • 特徴:開ききらず筆のようにまとまった状態の若芽は、香りが高く独特のコクと爽やかな苦みがある
  • 食べ方:天ぷら、炊き込みご飯、和え物、おひたし、イタリアン(パスタ)

ワラビ(蕨)

ワラビは、ふきのとうやツクシと並んで、馴染みのある山菜のひとつ。

しかし、山菜の中でも特にアクが強く、アク抜きをせずに食べると食中毒(ワラビ中毒)になることもあるため、「アク抜き」は絶対に行いましょう。

  • 学名:コバノイシカグマ科ワラビ属
  • 時期:4月~5月
  • 場所:日本全国(風通しが良く日当たりのいい平地で人気のない所ほど太くて大ききワラビが採れる)
  • 特徴:山菜の中でも特にアクが強いが、保存性が高く美味しい
  • 食べ方:塩漬け、炒め物、おひたし、天ぷら、ナムル

うど(独活)

うどは、大きく成長すると食用にならないので、役に立たないことを諺で「うどの大木(たいぼく)」ともいいます。

若芽にはアクがありますが、採れたての色の薄いうどは、皮をむいて味噌を付けそのまま食べることもできます。

  • 学名:ウコギ科タラノキ属
  • 時期:4月~5月初旬
  • 分布場所:北海道から九州(山の斜面で、特に腐葉土が堆積しているような場所)
  • 特徴:若芽の時は香りが豊かでとても美味しい
  • 食べ方:天ぷら、酢味噌和え、炒め物

ノビル(野蒜)

ノビルは、ニラやネギの仲間で、地下に鱗茎(りんけい)と呼ばれる球根を持つ山菜です。

  • 学名:ユリ科ネギ属
  • 時期:4月~5月(ただし鱗茎は一年中)
  • 分布場所:日本全国(日当たりの良い草原や畦道、土手など人間の生活圏内に自生していることが多い)
  • 特徴:生で食べることもできるが、辛みがある
  • 食べ方:素焼き、炒め物、天ぷら、酢漬け、おひたし

木の芽(このめ)

「木の芽」というと東北地方では、アケビ(木通)の新芽をさすことが多く、甘い果実よりも美味しいと食べられています。

  • 学名:アケビ科アケビ族
  • 時期:4月~5月
  • 分布場所:北海道から九州(山や野に自生)
  • 特徴:アケビは新芽以外にも果実や果皮、蔓(つる)などすべてを使用できる
  • 食べ方:和え物、炒め物、汁物

カタクリ(片栗)

カタクリは、根の部分がでんぷんの材料(片栗粉)として使われていることで有名ですよね。

実は、茎や若葉も「山菜」として食べられるんですよ。

カタクリは、花をつけるまでに7年以上かかるのに、地上に顔を出すのはわずか4~5週間。

このような植物は「春の妖精・春の短い命」とも呼ばれます。

  • 学名:ユリ科カタクリ属
  • 時期:4月~5月初旬
  • 分布場所:北海道から九州(林や野原の湿った場所や雪解け後の山の斜面)
  • 特徴:蕾の状態の若葉が食用になるが、食べ過ぎると腹痛に…
  • 食べ方:酢の物、おひたし、天ぷら

イタドリ(虎杖)

イタドリは、別名「痛取」で、その意味は痛みを取ってくれる薬草としても使われていたことに由来します。

また宮崎県では、イタドリのことを「サドガラ」と呼びます。

  • 学名:タデ科タデ属
  • 時期:4月~5月
  • 分布場所:日本全国(道端や草原、山里の土手に自生)
  • 特徴:春になるとタケノコに似た新芽を出し、若芽は酸っぱいので「スカンポ」という別名もある
  • 食べ方:和え物、酢の物、煮物、炒め物

クレソン

スーパーでもよく見かけるクレソンは、別名で「オランダガラシ」とも呼ばれる山菜です。

  • 学名:アブラナ科オランダガラシ属
  • 時期:4月~5月(豪雪地帯以外なら年中収穫可能)
  • 分布場所:日本全国(日当たりがよくて、小川、沼、池など水流があり水深の浅い場所)
  • 特徴:生で食べるとアブラナ科特有のピリッとした辛みがあるが肉料理の付け合わせに合う
  • 食べ方:サラダ、天ぷら、和え物、炒め物

 

【山菜】春から初夏を過ぎても採れる9種類!特徴や採れる場所、おすすめの食べ方は?

山菜採りは、いつからいつまでできると思いますか?

ほとんどの山菜は、春が旬ですが…

山菜の種類によっては、春から夏、または秋までも、山菜採りを楽しめる種類もあるんですよ。

 

四季折々に採れる山菜の種類をたくさん知っていると、山菜採りを長い期間楽しめて、一年中食べ放題!?

ここでは、春から初夏や秋まで旬の「山菜9種類」の収穫時期や採れる場所、特徴や料理を紹介します。

青こごみ(青屈)

シダの種類であるクサソテツの特に若芽のことを「ごごみ」と言いますが、山菜で「こごみ」と言えば、「青こごみ」です。

毎年同じ場所に群生していて、成長が早いので、数日で芽が葉に変わります。

  • 学名:イワデンタ科クサソテツ属
  • 時期:5月~6月初旬
  • 分布場所:日本全国(日当たりの良い近くに水源のある湿った場所)
  • 特徴:シダ植物の種類ではアクが最も少なく最低限の下処理で食べられる美味しい山菜
  • 食べ方:サラダ、おひたし、和え物

赤こごみ(赤屈)

青こごみとの見た目の違いは、茎の部分が赤いところです。

また、群生する青こごみと違って、赤こごみは1本ずつ独立して自生しているので、採る量が少なくなります。

  • 学名:イワデンタ科ヘラシダ属
  • 時期:4月~6月中旬
  • 分布場所:日本全国(日当たりの良い近くに水源のある湿った場所だが、自生する場所が限られている)
  • 特徴:青こごみよりも生臭さがなく柔らかいので食べやすい
  • 食べ方:サラダ、おひたし、和え物

うるい

早春の若葉が山菜の「うるい」と呼ばれ、正式名称は「キボウシ(擬宝珠)」。

蕾が橋の欄干に付けれれた丸い玉飾り(如意宝珠)に似ていることからその名前が付けられました。

うるいを茹でて、その後に天日で干すと「やまかんぴょう」と呼ばれる保存食になります。

  • 学名:リュウゼツラン亜科ギボウシ属
  • 時期:4月~6月初旬
  • 分布場所:北海道から九州(日当たりの良い草地、沼沿いの斜面)
  • 特徴:アクが少ないのでサラダなど生でも美味しく食べることができる
  • 食べ方:サラダ、鍋、浅漬け、炒め物

よもぎ(蓬)

よもぎは、昔から「何にでも効く」といわれ、各地で薬草として使われていました。

若葉を土瓶(どびん)で煎(せん)じて、塩味を付けた飲み物は、よもぎ茶と呼ばれ親しまれています。

  • 学名:キク科ヨモギ族
  • 時期:5月上旬~6月下旬
  • 分布場所:日本全国(繁殖力が旺盛で、市街地でも見られる山菜)
  • 特徴:香りと風味が良く、よもぎ団子や草餅などに入れる
  • 食べ方:天ぷら、おひたし、汁物、よもぎ飯、お菓子

ユキノシタ(雪の下)

ユキノシタの名前の由来は、積もった雪の下でも、緑の葉を付ける生命力の強さからついたとされています。

日陰でも控えめな白い花を咲かせるので、観賞用として自宅の庭などで栽培をすることができる山菜です。

  • 学名:ユキノシタ科ユキノシタ属
  • 時期:5月~6月(葉は一年中採れる)
  • 分布場所:本州から九州(湿気の多い山の岩場や渓流付近に自生)
  • 特徴:アクもクセもなく美味しい山菜でカリウムを含みハーブティーとしても飲用される
  • 食べ方:天ぷら、和え物、汁物、おひたし、酢の物、炒め物

いわぢしゃ(岩千舎)

山の岩肌に生え、葉っぱがタバコの葉に似ているので、別名を「イワタバコ」とも呼ばれます。

  • 学名:イワタバコ科イワタバコ属
  • 時期:6月~8月
  • 分布場所:本州(福島県以南)から九州(林道わきの木陰で適当な明るさがあると岩を覆うように群生する)
  • 特徴:いわぢしゃの葉を噛むと苦みがあるが、健康薬として用いられていた
  • 食べ方:おひたし、和え物、酢味噌和え、天ぷら、天日干ししてお茶

クコ(枸杞)の実/葉

中国では昔から、乾燥させたクコの実を、中華料理や薬膳の具としてよく使います。

また、日本でも平安時代から薬草のひとつとして、クコの葉や根が使われていました。

  • 学名:ナス科クコ属
  • 時期:春から秋
  • 分布場所:本州から沖縄(日当たりのいい山地や土手など)
  • 特徴:山菜としてのクコは、春の若芽や若葉がアクが少なく美味しい
  • 食べ方:天ぷら、おひたし、炒め物、炊き込みご飯

青ミズ(ヤマトキホコリ)

粘り気やヌメリがない青ミズは、イタリア料理との相性がとてもいい山菜です。

  • 学名:イラクサ科ミズ属
  • 時期:4月~10月
  • 分布場所:北海道から九州(日当たりが悪く湿気のある沢や滝など水辺の近く)
  • 特徴:水分が多くシャキシャキとした食感で、アクもクセもない自然の甘さ
  • 食べ方:サラダ、和え物、おひたし、炒め物

赤ミズ(ウワバミソウ)

青ミズにはないヌメリがあり、ムカゴも採れるのが赤ミズです。

群生しているので、比較的見つけやすい山菜ですが、採りすぎると下処理に手間がかかって大変!

「 むかご」については以下の記事も参考にしてください。

  • 学名:イラクサ科ウワバミソウ属
  • 時期:4月から6月中旬
  • 分布場所:北海道から九州(日当たりが悪く湿気のある沢や滝など水辺の近く)
  • 特徴:ほぼ青ミズと同じ味だがヌメリがあり食感が違う
  • 食べ方:おひたし、和え物、炒め物、煮物、天ぷら
Sponsored Link

 

【山菜】西米良温泉ゆた~と春の山菜祭り!食べ放題バイキングで天ぷらを満喫

どの季節に訪れても、四季折々の美しい風景を楽しめるのが宮崎県西米良村。

夏には、清流の川のせせらぎを聞きながら食事ができる「川床(かわどこ)」や、迫力満点の花火が目の前で見れる「西米良花火大会」。

西米良の川床【2018】 カリコボーズの里で一ツ瀬川の涼と山の幸を堪能!

西米良村花火大会に行ってきた!当日の駐車場の様子やスケジュールは?

西米良村やまびこ花火大会【2018】会場へのアクセス方法と駐車場の最新情報!

 

秋には、色鮮やかに染まった木々を見ながら楽しむ「にしめら山まつり」。

西米良村の秋イベント!「にしめら山まつり」で心温まるおもてなしと料理を堪能

 

冬には、豊かな自然が育むジビエを活かした料理「西米良ジビエフェア」があります。

ジビエ料理フェア【2019】宮崎県西米良村で冬季限定の絶品鹿肉を堪能!

 

一年を通して、いろいろな事を楽しめる西米良村ですが…

その中でも「春」は、ちー婆(ばぁ)が一番好きな季節です。

空気が澄んでいて、空は青く、そして新緑が眩しい季節ですからね^^

 

春の時期、西米良村は、いろいろな種類の美味しい旬の山菜がたくさん採れます。

今回、西米良温泉四季シリーズ「春の山菜バイキング」に行ってきました。

 

春の山菜バイキングは、毎年4月の日曜日限定で開催されます。

以下には簡単な内容についての紹介を書いています。

  • 場所:西米良温泉ゆた~と「お食事処」
  • 開催日:2019年4月7日(日)、14日(日)、21日(日)
  • 時間:11:00~14:00まで
  • 料金:大人(中学生以上)1600円/子供1000円

 

西米良村で採れた山菜づくしの食べ放題ランチバイキングは、毎年多くの観光客が訪れる人気の山菜祭りです。

ランチメニューは、山菜の天ぷらや山菜のおひたし、山菜のおこわなど。

それでは、ここで、もう少し詳しくランチバイキングのメニューを紹介します。

山菜の天ぷらバイキング 春が旬の採れたて8種類!

山菜は、油との相性がいいので、天ぷらにすると最高です。

天ぷらは、山菜のアク抜きという下処理をしなくても、苦みがぬけて食べやすくなります。

 

■「ユキノシタ(左)」と「ヨモギ(右)」

 

■「ふきのとう(左)」と「しいたけ(中央)」と「こごみ(右)」

 

■いわぢしゃ

 

■たらの芽

 

■あしたば

 

どの山菜の天ぷらも、揚げたてで、パリッとした食感を楽しめます^^

西米良村特産の「ゆず塩」と「天つゆ」の2種類から選んで、好きな方を天ぷらにつけていただきます。

山菜ワラビ/イタドリ/ノビルが美味しいおかずに大変身!

■「おから(左)」と「山菜の煮物(中央)」と「酢の物(右)」

ちー婆(ばぁ)は、この3種類の中でワラビを酢の物にして食べるという食べ方が初めて。

ワラビの味噌汁や炒め物をよくしていたのですが、酢の物も意外とおいしくて驚きました。

 

■山菜の酢味噌和え

西米良村特産の地こんにゃくと一緒にノビルを酢味噌で和えていて爽やかな味でした。

 

■山菜の漬物

山菜の漬物だけで、ごはんが何杯でもおかわりできそうなくらい美味しい味。

 

■山菜ちらし寿司

丁寧にアク抜きされた数種類の山菜が、酢飯に混ぜられて、春の味覚を感じました。

 

■山菜カレー

山菜カレーは、西米良村のご当地グルメで有名です。

西米良村の直売所川の駅(百菜屋)や湖の駅では、一年中いつでも食べることができますよ。

春を感じる山菜のデザート

山菜祭りのランチは、室内だけでなく、春の暖かい日差しが降り注ぐ、西米良温泉の屋外テラスでも食べることができます。

そこで、ちー婆(ばぁ)たちは、屋外テラスで食べることに。

ところで、ちー婆(ばぁ)のランチは、こんな感じになりました。

 

ちょっと、最初から欲張りすぎて、一皿目でけっこうお腹いっぱい…

でも、山菜を使ったデザートもあると聞いていたので「何だろう?」と興味津々でした。

 

すると…

 

山菜祭り食事会場の屋外テラスで、急に餅つきが始まり、びっくり!

 

スタッフの方2人が、軽快なリズムで、昔ながらの杵(きね)と臼(うす)で餅米をつきます。

 

もち米が、だいたいつき上がるころに、たっぷりのヨモギを入れて…

あっという間に、若草色の「ヨモギ餅」が出来上がり!

小さく丸められたヨモギ餅は、美味しい「あんこ」や「きなこ」と一緒にいただきます。

 

外で食べる出来立てほやほやのヨモギ餅は、最高の山菜デザートでした^^

ということで、西米良温泉ゆた~とで行われた春の「山菜祭り」を十分満喫したちー婆(ばぁ)たちです。

 

まとめ 春に採れる山菜の種類や特徴/食べ方(料理)について

今回は、春に採れる23種類の山菜の特徴や食べ方について紹介しました。

最近では、ハウス栽培などで、スーパーには一年中食べることのできる野菜が並んでいますが…

昔から「季節ごとに採れる自然の恵みを味わうこと」が大切だと言われています。

 

その自然の恵みとは…

春は「苦み」、夏は「酸味」、秋は「辛味」、そして冬は「脂肪」です。

 

「春の苦み」については、冬の間に蓄積された体の中の老廃物を体の外へ出す働きをしてくれるそうです。

また、セリやあしたばなどのセリ科の植物が出す香りは、生物をリラックスさせる働きもあります。

そして、季節ごとに採れる旬の山菜や野菜は、生物がその時に必要としている栄養素が多く含まれています。

だから、旬の食べ物を取ることが、体にとっては、一番良く、体が元気になります。

 

ところで、日本には、「300種類」を超える山菜があるそうです。

それだけの種類があると考えるだけで、山菜採りがますます楽しくなりそうだと思いませんか?

春から初夏、秋まで楽しめる山菜を見つけに、休日に野山に出かけてみませんか。

今回の記事で、少しでも自然の恵み「山菜」について興味を持っていただければ幸いです。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で