ちー婆(ばぁ)ちー婆(ばぁ)

こんにちは、ちー婆(ばぁ)です。

お葬式の後も「四十九日法要」のいろいろな準備が必要だと初めて知りました。

例えば、四十九日法要を執り行っていただく僧侶との打ち合わせや会場の予約。

 

故人のために位牌や祭壇、納骨の手配も必要です。

そこで今回は「お葬式から四十九日法要までの過ごし方と準備」をまとめました。

Sponsored Link



お葬式から四十九日法要までの過ごし方 やるべきこと&やってはいけないことは?

お葬式が終わってから四十九日までは「派手な生活をせずにおとなしく過ごすこと」と昔から言われていますよね。

そのように言われるのにはちゃんと理由があります。

 

ここでは、四十九日法要までの過ごし方として「やるべきこと」と「やってはいけないこと」を紹介します。

 

ところで、仏教では、人が亡くなった日を含めて7日目に「初七日(しょなのか)」という初めての法要を行います。

しかし現在では、葬儀の日に日程を繰り上げて初七日法要を葬儀と一緒の日に行うことが多いようです。

 

「初七日」の後の法要は、7日ごとに行うのが、もともとの流れになっていて…

  • 二七日(ふたなのか)
  • 三七日(みなのか)
  • 四七日(よなのか)
  • 五七日(いつなのか)
  • 六七日(むなのか)
  • 七七日(なななのか)

と続きます。

 

最後の七七日(なななのか)が、よく知られている四十九日(しじゅうくにち)です。

このように7日ごとに法要を行うことには「仏教的な理由」があるのをご存知ですか?

 

それは、故人が極楽浄土に行けるかどうか「7日おきに裁判を受ける」と考えられているからです。

葬儀後に遺族が行う法要「追善供養(ついぜんくよう)」が、故人の生前の罪を軽くして、裁判の結果をよくすると言われています。

四十九日法要までの過ごし方「やるべきこと」

  • 毎日お線香と新しいお水をお供えする
  • なるべく祭壇の前に家族が集まる時間をつくる

 

二七日から六七日の法要は、僧侶を呼んだ特別な法要をする必要はありません。

家族で焼香をして、故人を思い出す日とすることが故人の供養になります。

■参考記事

お通夜や葬儀でのお焼香の仕方は?喪主/遺族/親族/参列者で礼や作法が違う!?

お焼香を遺族の自宅でするときは?気を付けたい基本的なマナーと作法

 

線香は、毎日「絶やさず」に焚くことが良しとされています。

朝と夕方など「時間を決めて」祭壇の前に座る時間を作るといいですよね。

大切なのは、葬儀後も続けて故人のことを想い、冥福を祈る気持ちかなと思います。

四十九日法要までの過ごし方「やってはいけないこと」

  • お正月のお祝い(年賀状や初詣、神社への参拝など)
  • 結婚式への参加
  • お祭りの参加
  • 旅行

 

葬儀から49日の期間は、「忌中(きちゅう)」と呼ばれます。

この間は、外部と関わらずお祝い事の参加を避けて自宅で静かに過ごすことが「供養」になります。

 

昔は、食事も4つ足の獣の肉を食べない「精進料理(しょうじんりょうり)」を取っていました。

49日を過ぎると「忌明け(きあけ)」になり、普通の生活に戻っていました。

 

四十九日の過ごし方には、ちゃんとした理由があります。

ちー婆(ばぁ)は、今も昔も変わらない故人の冥福を想う深い気持ちが、根底にあると思います。

Sponsored Link



四十九日法要を行う準備4つのポイント【日程・場所・挨拶状・納骨】

「法要」というのは、僧侶をに読経をしてもらい、故人の冥福を祈り供養する儀式です。

法要は「追善供養」とも言われ、故人の命日など節目ごとにも行われます。

 

法要と良く間違われるのが「法事(ほうじ)」です。

法事は、法要の儀式が終わった後に、「遺族や親族などが行う会食」などのことを意味します。

 

家族だけでなく多くの参加になる法要の場合は、法事のことも考えて早めに準備を進めたいですね。

ここでは「四十九日法要を行う準備4つのポイント」を1つずつ説明します。

四十九日法要の日程

葬儀後に施主(せしゅ)となる家族が、できるだけ早く四十九日法要の日程を決めます。

施主とは、葬儀後に法要などの執り行いを中心に行う遺族のことです。

 

日程を決める第一優先は、四十九日法要で読経をしていただく「僧侶の日程調整」。

僧侶の日程に合わせて、家族は自分たちの日程を合わせるようにします。

 

先祖代々から伝わる菩提寺(ぼだいじ)がない場合は、僧侶派遣サービスを利用することもできます。

 

ところで、法要の日程は、必ず49日目の日にするというわけではありません。

49日ちょうどの日か、またはその日よりも早く繰り上げて法要を行ってもかまいません。

 

なぜなら「三月またぎ」といって亡くなってから四十九日法要まで月を3つまたぐことは縁起が悪いとされています。

 

例えば、11月20日に亡くなって49日後は1月9日になりますが、11月、12月、1月と3か月をまたぐことに…

「三月(みつき)」が「身付く」と語呂合わせになり、不幸なことが「身に付いてしまう」とされているからです。

 

しかし、日程を繰り上げると言ってもあまり早すぎるのもダメ…

「五七日(35日目の法要)」よりも早くなってしまうと、故人の供養にはならないそうです。

 

僧侶の日程や慣習などいろいろと条件があって難しい四十九日法要の日程。

しかし、四十九日法要は、法要の中でもとても大切な儀式になります。

施主を中心に故人に関わる遺族や親族も納得できる日程になるといいかと思います。

四十九日法要の場所(会場)決め

法要の場所は、

  • 菩提寺
  • 斎場
  • 自宅

という、3つの場所のどこかで行うことが一般的です。

 

例えば、先祖代々から伝わる「菩提寺」で法要を行う場合は…

施主は、法要開始30分くらい前に到着し、僧侶に挨拶をしたり、会場の設営をしたりします。

 

開始の挨拶や終了の挨拶は、施主が行うことが多いです。

法要の内容は、僧侶の読経と参列者の焼香、僧侶の法話…と続きます。

 

法要が終わったら、そのままお墓に移動し「納骨(のうこつ)」の儀式を行います。

菩提寺のすぐ近くにお墓がある場合が多いので、移動も早くできます。

 

法要の後、法事で会食をする場合は、会食の場所に移動します。

菩提寺で会食ができる場所があれば、ここでも移動が早くできますよね。

 

斎場自宅で法要を行った場合は、いろいろとまた状況が違ってきます。

例えば、会食なしの場合もあるし、僧侶の車代が必要な場合も…

菩提寺で行う場合は、法要、納骨、法事と比較的スムーズにできるのかなと思います。

四十九日法要の挨拶状(案内状)

家族や特定の身内だけで法要をする場合は、電話で連絡をするだけでも大丈夫です。

しかし49日を過ぎると、故人の魂はこの世から離れてしまいます。

なので、四十九日法要では、なるべく多くの人が故人を見送ることがいいと言われています。

 

故人と親しかった人にも、挨拶状(案内状)で法要の連絡をとってもいいですね。

なるべく1か月前に日程や場所を知らせすると参列者は調整しやすいかも。

 

挨拶状の書き方で特に注意することは…

  • 句読点を使わない
  • 季節の挨拶などは丁寧に書く

 

案内状の主な内容は…

  • 誰(故人の名前)の法要か
  • いつ(日時)、どこ(住所と電話番号)で法要があるのか
  • 会食の有無

 

会食の準備があるときは、返信用はがきや往復はがきを利用して出席か欠席の連絡をしてもらいます。

四十九日法要後の納骨式の準備

葬儀後、故人の遺骨(いこつ)は、骨壺(こつつぼ)に入れて自宅で保管します。

遺骨をお墓に納める「納骨(のうこつ)」の時期に決まりはありません。

でも仏式では、四十九日法要のときに納骨することが多いようです。

 

納骨をするときは、僧侶がお墓の石を開け閉めすることになります。

法要の日に納骨をする場合は、僧侶に時間の調整をしてもらう必要があります。

また、菩提寺での納骨でなければ、墓地の管理事務所への連絡も必要になります。

 

墓石に故人の戒名(かいみょう)を彫刻してもらう場合は、石材店への連絡も必要です。

戒名とは、仏式の葬儀をした後に、仏の弟子になった印として授かる仏名のことです。

 

ところで、葬儀の時にいただく「白木の位牌(いはい)」は、四十九日法要までの仮の位牌です。

白木の位牌は、法要の時に菩提寺に納めるので「本位牌(ほんいはい)」を準備します。

 

本位牌とは、四十九日法要までに必要な漆塗りの位牌です。

本位牌は、仏具店で購入して、故人の戒名や没年月日を入れてもらいます。

 

2週間ほどかかかるので、法要に間に合うように注文しましょう。

僧侶に戒名を書いてもらったり、各家庭で書くこともできます。

 

本位牌は、四十九日法要のときに持参して、僧侶から「魂入れ」をしていただきます。

魂入れをしていただくことで、物ではなく真の位牌に変わります。

四十九日法要を終えた後は、自宅の仏壇に位牌を安置します。

 

最後に「卒塔婆(そとうば・そとば)」の準備について…

卒塔婆とは、お墓に立てる縦長の木の板のことです。

仏教では釈迦の遺骨を納めた塔のことも卒塔婆といい、準備することが故人の追善供養になります。

 

卒塔婆には、故人の戒名と没年月日、仏教の経文、大日如来を表す梵字(ぼんじ)などが書かれます。

基本的には菩提寺に準備をしてもらうので、四十九日法要をお願いするときに一緒に伝えておくといいかもしれません。

 

四十九日法要までの主な4つの準備を紹介しましたが、どうですか?

 

ほとんどの準備を葬儀場が行ってくれるお通夜やお葬式と違い、四十九日法要は自分でやることが多いですよね。

でも、こんな準備があるんだなと知っておくだけでも、十分価値があるとちー婆ばぁ)は思います。



まとめ「お葬式から四十九日法要までの過ごし方と準備」について

今回は、「葬儀後から49日間の過ごし方や四十九日法要の準備」について紹介しました。

葬儀後は、施主が中心となって故人のために様々な供養を行います。

 

儀式的な事柄や慣習が多く「四十九日法要の準備は大変だ」と思われる方も多いでしょう。

しかし、いつかは自分が中心となって葬儀や法要を行う日が来るのでは?

 

ちー婆(ばぁ)は、身内の不幸がなければ、四十九日法要について知らないことばかりでした。

 

しかし、葬儀から四十九日法要までを経験して、仏教の奥深さを改めて感じました。

また、自分自身の終活についても、考えるいい機会になったと思います。

参考記事⇒四十九日法要で挨拶をする場面は4回?!タイミングと内容は?

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で