ちー婆(ばぁ)ちー婆(ばぁ)

こんにちは、ちー婆(ばぁ)です。

お葬式の香典は、金額が偶数になると縁起が悪い!?

世界中どこでも「縁起」担ぎや昔から伝わる「慣習」などあるものです。

 

ちー婆(ばぁ)も「偶数がダメだ」と知ってからは、香典の金額を気を付けるように…

お葬式に、縁起が悪いと言われていることをしたくはないですよね。

 

そこで今回は、お葬式の香典金額は「偶数がダメな理由」と遺族に対して失礼にならない「香典金額の相場」を紹介します。

Sponsored Link




お葬式の香典が2万円はNG!偶数の金額ではダメな理由って?

お葬式の香典が偶数の例えば「2万円」という金額は、一般的には高額です。

同じ偶数であっても「2千円」という金額よりも、「2万円」は高いですよね。

 

お葬式という場面で遺族の立場から考えたとき、突然大切な家族を亡くした哀しみもあるけれど…

哀しみと並行してお葬式の費用も大変だという現実的な問題もあります。

 

だから大きな金額だったら偶数も奇数も関係なく、香典はありがたい?!

…と、現実的な考え方をすると、こうなるかもしれません。

 

では「なぜ偶数の金額がダメ」なのか?

その理由は、お葬式の香典は「故人の供養」として渡すものだからです。

 

「香典※こうでん」とは、もともと「香(線香※せんこうの代わり)」に、「典(お供えする)」という意味です。

だから、香典をあげるのは、お焼香をあげるときのように、「故人を供養すること」が一番の目的です。

 

【参考】

  • お通夜や葬儀でのお焼香の仕方について

お通夜や葬儀でのお焼香の仕方は?喪主/遺族/親族/参列者で礼や作法が違う!?

 

  • お焼香を遺族の自宅でするときの基本的なマナーと作法とは?

お焼香を遺族の自宅でするときは?気を付けたい基本的なマナーと作法

 

供養とは、故人のことをいつまでも忘れずに覚えていたい、故人があの世に行っても、「縁がつながっていたい」という気持ちです。

 

そこで、例えば香典が「2万円」という「偶数」だったら…

偶数は、奇数と違って「割り切れて」しまう数字ですよね。

 

「切れてしまう」という言葉のイメージがある「偶数」は、「故人との縁まで切れてしまう」という意味になります。

だから、偶数は「縁起が悪い数字」だと思われているのです。

 

慶事の結婚式でも偶数の数字は、幸せな新郎新婦の2人の縁が切れてしまうということで、良い数字ではないと言われています。

日本古来の「陰陽道」でも、「奇数は吉で偶数は凶」という考え方があるそうです。

「割り切れる」から偶数の数字は、縁起が悪いという理由がわかったでしょうか?

 

また「1万3千円」など、切りの悪い数字の金額が香典に入っていることもあまり見かけないのでは?

お葬式の香典では、「お札の種類は1種類」にそろえて、「切りの良い奇数の金額」を入れるのが一般的です。

 

【参考記事】

  • 【お葬式】香典の金額について

お葬式の香典は金額が偶数ではダメ!?理由と失礼にならない相場って?

 

  • 急なお葬式の場合の香典袋について

急なお葬式に参列!お金を入れる香典袋はどれを使うの?

 

  • お通夜での香典袋の表と裏の書き方

お通夜で香典袋の表と裏はどんな書き方をするの?中袋がない場合は?

 

お葬式の香典は偶数以外の金額でマナー違反ってあるの?

故人との縁が切れてしまう印象を与える偶数の数字は、お葬式の香典金額としてはふさわしくありません。

では、偶数でない奇数の数字「9千円」や「9万円」は大丈夫なのか?というと…

 

日本では数字の「9」という読み方が、「苦(く)」をイメージするので、奇数とはいえ縁起が悪いと言われています。

同じように数字の読み方から言えば、「9(く)」だけでなく、「4」も「死(し)」を連想させるのでNGです。

 

日本ではお葬式の香典だけでなく、「4」や「9」という数字が、ホテルや病院などの部屋の番号に使われないことがありますよね。

 

しかし、ちょっと興味深いことに中国では…

「9」は、永遠を意味する「久(きゅう)」と読み方が同じなので、縁起が良いそうです。

 

しかし、中国も偶数よりも奇数が縁起が良い、というのは日本と同じです。

そして一桁の奇数の中でも最大の「9」は、昔から中国では特に好まれていました。

 

中国の旧暦9月9日は、長陽(ちょうよう)の節句と言って、とても縁起が良く長寿を祝う日だそうです。

また実際のところ、「4」という数字についても、見つけると幸せになれるという「四つ葉のクローバ」がありますね。

 

だから考え方によっては「4」という数字も縁起がいいといえるかも?

というように、数字の読み方や文化の違いなどで同じ数字でも、とらえ方が違ってきます。

しかしお葬式の香典について考えると…

 

「死」や故人との別れを悲しむ「苦しみ」などが、「4」や「9」という数字に、日本では強く連想されるので、NGなのかなと思います。

お葬式という神聖な場で、縁起が悪いと言われていることを、わざわざすることもないと思いませんか?

Sponsored Link




お葬式で香典を連名にしたら金額が偶数に!対策はある?

お葬式には、生前の故人との関係で参列するので、香典も個人で包むことが多いです。

しかし、3名程度の人数で、香典を出す「連名」という場合もあります。

 

例えば祖父母のお葬式の場合、孫がたくさんいると香典を出し合って「孫一同」という包み方にすることも。

職場の同僚や友人関係で連名にすることも。

 

個人で香典を渡すならば、本人が偶数にならないようにするなど金額を入れるときに気を付けますが…

連名になると、香典の合計金額が、いつの間にか偶数になってしまった!ということはよくあることです。

 

その場合は、合計金額が偶数でもそれほど気にすることはありません。

なぜなら連名と言っても、香典の金額をみんなが同じ金額ずつ入れる必要はなく、1人1人が故人と自分との関係を考えて金額を入れるものだから。

 

逆に連名で香典を渡す時に気を付けたいことは…

  • 連名なのに合計金額が一人分程度しかない
  • 合計金額が「4」や「9」といった縁起の悪い金額になってしまった

というような場合です。

 

個人の金額が3千円以上であるならば、連名でなく別々で包むほうが無難です。

また縁起が悪いと言われる数字は、いくら連名でも避けるのがマナー。

 

ところで夫婦や親子(子供が扶養されている場合)も連名になることが多いですよね。

その場合は、夫婦や親子は、血のつながりがある1つの家族として考えるので、個人1人分の金額で構いません。

 

ただし故人との関連性が深い場合や葬儀後に会食に出席するというような場合は、少し配慮した金額であった方がいいかも。

あくまでも、お葬式の香典は、故人の供養と遺族の経済的負担を考えて渡すためにあるのですから。

Sponsored Link

お葬式の香典いとこの場合は金額1万円!立場や関係で違う相場とは?

「相場」という言葉をよく耳にしますが、どんな意味なのか具体的にわかりますか?

相場とは、世間一般に世の中で常識として受け入れられる金額や方法の「基準」です。

 

法律のように、必ずこうしなければならないと、はっきり決まっているわけではなく…「だいたいの目安」。

お葬式の香典も、いくらかなと迷ったときは「相場」から考えて金額を決めることも。

 

一般的な香典の相場は…

  • 自分の親であれば10万円
  • 自分の祖父母や兄弟であれば5万円
  • 叔父叔母などの親族ならば3万円
  • いとこや親しい職場関係の人、仲人ならば1万円
  • 知人や友人ならば5千円
  • 遠い親戚や近所の人ならば3千円

というように、だいたいの目安があります。

 

しかし、相場で金額が決まっているからと、全くその通りにすることもありません。

 

例えば…

親がなくなった場合、自分がもし喪主を務める場合は、香典を出しません。

喪主以外の子供で、独立して収入がある場合や、結婚している場合は香典を出します。

 

祖父母が亡くなった場合は、社会人になった孫や結婚した孫は、自分一人で香典を包むのが一般的です。

祖父母と同居していた孫は、祖父母にお世話になったぶん香典の金額が多いという傾向もあります。

 

結論を言うと、相場と言われる香典の金額に基準はあるけれど…

  • 故人と生前どれくらい関わっていたかという関係性の深さ
  • 自分の現在の年齢や社会的状況
  • 故人に対して自分が置かれている立場(故人の子供、孫、親族など)

 

などで臨機応変に対応して、「自分の身の丈に合った香典の金額」を準備できれば良いと思います。

香典の本来の意味を考えて、故人を供養する気持ちを込めた香典になるのが一番です。



まとめ 「お葬式の香典は金額が偶数ではダメな理由と失礼にならない相場」について

今回は、「香典の金額が偶数ではなぜいけないのかという理由と香典の相場」について紹介しました。

お葬式は、故人がみんなに見守られながら、この世で最後の時を過ごす大切な儀式です。

 

【参考】

  • 葬式の備え

葬式への備え、できていますか?

 

そして、「香典」は、その大切な儀式に、故人と関係のある人が遺族と同じ気持ちで参列する参加料。

 

お葬式の香典は、故人の「供養」になり、遺族にとっては「経済的な応援」になります。

香典の金額としてふさわしくないと言われる数字や偶数に配慮することも、故人や遺族への心遣いです。

 

香典というお葬式の文化が、現在も続いているのは、思いやりの心が一緒に引き継がれているからかも…

 

お葬式の香典の金額には相場もありますが…あくまでも世間一般の基準。

ちー婆(ばぁ)は、故人や遺族に対する自分の想いで金額を考えることも大切かなと思います。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で