あき坊(ぼぅ)あき坊(ぼぅ)

こんにちは、あき坊(ぼぅ)です。

先日、初めて試乗をさせてもらったマツダのCX-8。

エクステリア(外装)、インテリア(内装)ともに、他の車種にはないたくさんの魅力で溢れていてホントに感動しました!

 

3列目の広さや乗り心地については、別の記事のなかで詳しく紹介してきたと思いますが…

CX-8の2列目シートについてはまだ軽くしか触れていませんでした。

 

CX-8の3列目について、「まだ読んでないよ」という人は、

こちらの記事を参考にしてみてください。

 

初めて試乗した車種ではあったんですが、2列目シートにも3列目と同じく、リクライニングや乗り心地の面で「良さ」がありました。

そこで今回の記事では「より詳しくCX-8のことを伝えたい!」と思いがあって、あき坊が体験したマツダCX-8の2列目について詳しく紹介することにしました。

Sponsored Link




マツダCX-8の2列目は「6人乗り」と「7人乗り」で違いがあった!

今回はCX-8の中でも、一番グレードの高い「XD L Package」の6人乗りに試乗していきました。

 

最上級のグレードという事もあって、車内に足を踏み入れた瞬間から、世界が変わったというか、まるで、高級ホテルにいるような雰囲気を肌で感じました。

ピカピカのレザーシート仕様に、柔らかい弾力のあるリクライニング。

それはもう、CX-8の「居心地」といったら格別です(笑)

 

あき坊が試乗した「6人乗り用」のCX-8の2列目は、グレードに関係なく、ひとつひとつ席が独立した「キャプテンシート」になっていました。

 

どのグレードもキャプテンシートである事に変わりはありませんが、シートの「標準装備」の部分で少し違いがあります。

グレードが「XD」や「XD PROACTIVE(プロアクティブ)」のときには、角度調節ができるアームレストが。

 

最上級の「XD L Package」では、アームレスト以外の装備として、

  • カップホルダー 2個
  • 充電用USB端子 2個
  • 小物入れ
  • ストレージボックス

このようなものが付いていました。

 

また、「XD L Package」のグレードの場合、席と席との間に「ドンッ」という感じで、下の写真のようにストレージボックス付きのアームレストが置かれる形になります。

 

バリッとした見た目で高級感がスゴいのですが…

 

「3列目と2列目の行き来がしにくくなる」というデメリットもあります。

 

業務用の公用車として使う分にはこのグレードでも問題ないと思いますけど、小さな子供がいて「ファミリー(家族)用」の使用となると…

CX-8の機能性が十分に発揮されなくなり、少しもったいない結果になるかもしれません。

 

一方の「7人乗り」のCX-8には、席がひとつにつながった「6:4分割ベンチシート」が装備されています。

参照:マツダCX-8公式サイトより

 

グレード「XD」では、ドリンクホルダーの付いたアームレストだけの装備。

参照:マツダCX-8公式サイトより

 

「XD PROACTIVE」と「XD L Package」のグレードでは、ドリンクホルダー以外にも、

参照:マツダCX-8公式サイトより

  • 充電用USB端子 2個
  • 小物入れ

このようなものが装備されています。

 

6人乗りのCX-8のように大きな違いはありませんので、公用車としてもファミリー用としても、その機能性を十分に発揮してくれると思います。

 

というわけで、CX-8の2列目の6人乗り・7人乗りの違いをまとめると…

「ひとつひとつ座席が分かれているのか」、それとも「ひとつに座席がまとまっているのか」です!

 

ちなみに、6人乗り用でも7人乗り用でも、最上級グレード(XD L Package)のCX-8の2列目には「シートヒーター」が装備されています。

冬の時期なると、外の気温よりも車内のほうが冷えていることって結構多いですよね。

そんな今からの季節、シートヒーターが大活躍してくれると思います。

 

「あき坊は体感してないの?」という声が聞こえてきますが、あき坊がCX-8を試乗したのが暑い「夏」。

「ヒーター」ではなく、真逆の「クーラー(エアコン)」が活躍中でした(笑)

Sponsored Link




CX-8(2列目)のリクライニングの広さや乗り心地はどう?

あき坊が試乗したのは、6人乗りの最上級グレード「XD L Package」のCX-8です。

2列目のリクライニングや乗り心地について言うと、「これ以上の贅沢ってないだろう!」と思えるくらい快適でした。

高級感のある広々したリクライニングに、ちょうど良いクッション性の乗り心地。

CX-8の2列目に一度慣れてしまうと、おそらく、3列目のシートにはもう乗れないと思います(笑)

 

あ、もちろん、CX-8の3列目も、2列目と同じシート素材なので快適ですよ。

でも、最後尾の席だけに「足元」が狭いんですね。

そう考えると、「2列目」って超快適なポジションだな~って思います。

 

マツダCX-8については、

こちらの記事も読んでみてください。

 

リクライニングの広さに関して、2列目の足元の様子を写真で撮ってきました。

あき坊の靴サイズが「26.5㎝」ということを前提に見てみてください。

 

<CX-8の2列目>

 

2列目だけだと分かりにくいと思うので、CX-8の3列目と比べてみてください。

 

<CX-8の3列目>

 

どうです、広いでしょ!

 

特に前のシートと膝との距離を比較すると、その違いが分かってもらえるのではないかと。

2列目は天井までの高さも、十分な広さがありましたし、頭の位置を気にせずにゆったりと「リクライニング」に座れます。

あくまでも予想ですけど、おそらく190㎝くらいの人でも高さには問題ないかと思います。

Sponsored Link




CX-8のリクライニング角度はどのくらい?車中泊もあり?

それから、マツダCX-8のリクライニング角度についてですが、

  • 7人乗りのベンチシート:30℃
  • 6人乗りのキャプテンシート:42℃

このくらいの角度まで「背もたれ」部分が曲がるようです。

 

逆に、前に倒したときのリクライニング角度については…

今回試乗した「XD L Package」の6人乗りCX-8では、車中泊が可能な「フルフラット」の状態まで2列目シートを下げることが出来ました!

 

「いやいや、ちょっと待って!」

「6人乗りで最上級グレードだったら席と席の間にあるアームレストはどうするの?」

という事を感じているかもしれません。

 

2列目を倒したとき、中央のアームレストはそのまま状態ですが、見事に倒したシートの高さと合っているんです!

まぁ、ぶっちゃけ言うと、数センチは盛り上がっていますが…(苦笑)

つまり、CX-8の最上級グレードであっても、車中泊をすることは十分可能ではないかと思います。

 

ただ…

 

このグレード、もしくは6人乗りのCX-8で車中泊をするなら、2列目の座席がキャプテンシートなので、途中途中に隙間や段差ができてしまいます。

そのすき間を上手く埋めてくれるものを別で購入しなければ、車中泊はちょっと厳しいかもしれません。

 

ちなみに、あき坊が以前試乗した「ジムニー」も、フルフラットの状態にしても結構ボコボコしていました。

そんな時、ジムニスト達はどうしているかというと…

※注※ ジムニストとは、スズキが販売するジムニーをこよなく愛する人のこと

 

車中泊専用のものとして販売されている「平らなボード」のようなものを買って、限りなくフルフラットに近い状態にしていました。

 

ジムニーについては、

  • ジムニー新型の後部座席(後席)は狭い?ぶっちゃけ車中泊は可能なの?

ジムニー新型の後部座席(後席)は狭い?ぶっちゃけ車中泊は可能なの?

こちらの記事も読んでみてください。

 

もし、6人乗りのCX-8で車中泊を考えている人は、紹介した内容を参考にしてみるといいでしょう。

7人乗りのCX-8であれば、中央に大きなアームレストもありませんし、問題なく2列目もフルフラットになると思いますよ。

マツダCX-8の2列目リクライニングはどのくらいスライド調節が出来る?

CX-8の2列目リクライニングの具体的な調節幅は分かりませんが…

あき坊の感覚的にはおそらく、前後合わせて「20㎝」くらいはスライドできる幅があったと思います。

 

7人乗りのCX-8の場合、2列目を前にスライドさせてから、3列目に乗り降りをする感じになるので。

これくらいの調節はできるのではないかと思います。

また、2列目リクライニングのスライドを調節するときの注意として1点だけ。

 

CX-8の3列目に乗る人がいれば、その人の事も考えながらスライド調節を行うようにしましょう!

 

これは「3列目の足元の広さ」が、2列目シートの位置によって決まるからです。

万が一、スライドの調節を間違ってしまうと、下の写真のようになってしまいます↓

 

足が前のシートの下に入り込んでしまう形に。

いくら座席が広くても、快適さはありません。

 

2列目リクライニングの調節をするときは、3列目に座る人と「これくらいでいい?」と声をかけ合いながら行うのが重要ではないでしょうか。

【まとめ】マツダCX-8の2列目について

それでは最後に、マツダCX-8の「2列目」についてまとめをしていきます。

今回あき坊が試乗したのは、最上級グレード「XD L Package」6人乗りのCX-8です。

 

ゆったりできるリクライニングに、乗り心地最高のシートの2列目。

3列目に引き続き、驚かされっぱなしの時間を過ごしました(笑)

個人的には、CX-8の3列目も十分納得できるものでしたが、2列目に座ると、やはりこちらのほうが素直に居心地の良さを感じました(笑)

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で