あき坊(ぼぅ)あき坊(ぼぅ)

こんにちは、あき坊(ぼぅ)です。

車のボディーカラー(色)選びで迷ったり、失敗してしまった経験ありませんか?

  • 気に入った色が多すぎてひとつに絞れなかったり…
  • 納車した車がいざ自分の手元に届くとイメージしていたカラーと違っていたり…

 

おそらく、あき坊くらいの新米ドライバーでない限り、誰もが一度はあると思います。

CX-8のような新車の購入となると、かなり高価な買い物になるわけですから、余計に「失敗や後悔をしたくない!」という気持ちにもなるはずです。

そこで今回の記事では、CX-8の人気や不人気のカラー(色)を紹介していくと同時に、後悔しないための色選びのポイントについても話をしていきます。

Sponsored Link




CX-8にはどんなカラー(色)があるの?

それでは最初に、大まかなCX-8のカラー(色)について紹介しますね。

 

CX-8のボディーカラー(色)には、

  • ソニックシルバーメタリック

参照:マツダ CX-8公式サイトより

 

  • スノーフレイクホワイトパールマイカ

参照:マツダ CX-8公式サイトより

 

  • ディープクリスタルブルーマイカ

参照:マツダ CX-8公式サイトより

 

  • チタニウムフラッシュマイカ

参照:マツダ CX-8公式サイトより

 

  • ジェットブラックマイカ

参照:マツダ CX-8公式サイトより

 

マツダの塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」として、

  • ソウルレッドクリスタルメタリック

参照:マツダ CX-8公式サイトより

 

  • マシーングレープレミアムメタリック

参照:マツダ CX-8公式サイトより

 

すべて合わせて7つの種類があります。

どれを選んでもCX-8の車体にあった魅力的な色をしていますので、「どれにしようかな…」とカラー選びに悩んでしまうかもしれません。

 

ただ、

  • スノーフレイクホワイトパールマイカ
    32,400円(税込)
  • ソウルレッドクリスタルメタリック
    75,600円(税込)
  • マシーングレープレミアムメタリック
    54,000円(税込)

この3つは他の4つと違って、塗装のときに特殊な加工を必要とするため通常の価格とは別で金額が発生してしまいます。

これだけの料金が増えてしまうので、注文をする際は十分に注意して購入するようにしましょう。

マツダCX-8のボディーカラー(色)で人気は?

あき坊とぶん爺はつい先日、マツダのディーラーのほうにお邪魔させてもらいました。

ぶん爺は「アクセラスポーツ」、そして、あき坊は「CX-8」とそれぞれ別の車種の試乗をしてきました。

アクセラスポーツの試乗についてはぶん爺が別記事で書いているので、そちらも参考に読んでみてくださいね↓

アクセラスポーツの後部座席は狭い?乗り心地はどうなの?

 

そのとき乗ったCX-8は「ジェットブラックマイカ」のボディーカラー(色)をしていました。

何と言っていいのか…、とにかく「かっこいい!」のひと言に尽きます。

全体が深みのある黒色で、日本車なのに外車のように見えるどっしりとした構えで。

 

一瞬、

「あれ、外車を乗りに来たんだったけ?」

 

と思ってしまうくらい海外っぽい雰囲気が感じられるボディーカラー(色)でした。

正直に言うと、あき坊はジェットブラックマイカにひと目ぼれしちゃっています!(笑)

 

「黒色」だけあって、ほこりが目立つため定期的な洗車が欠かせないカラー(色)ではありますが、それ以上の深い魅力を感じたわけ。

色の光沢といい、高級感といい、シャープな滑らかさといい…

ジェットブラックマイカのすべての虜になってしまっています、あき坊は。

 

CX-8については、

こちらの記事も読んでみてください。

 

で、営業マンさんのほうにジェットブラックマイカの売れ行きについて尋ねてみると…

「一番人気のボディーカラーではないけど人気のある色ではありますよ」とのこと

こんなに魅力がある色が1番ではないことに少々驚きましたが…(苦笑)

 

となれば、CX-8のボディーカラーで一番人気はやはり”アレ”になりますよね。

 

マツダカラーの「ソウルレッドクリスタルメタリック」!

 

と、思ったでしょ。

いやいや、実はそうではないんです、CX-8の場合は。

営業マンさんから聞いた一番人気のボディーカラーはなんと…

 

「マシーングレープレミアムメタリック」だったんです!

 

この色は「マシーン」と付くだけあって機械の美しさを再現して作られたもの。

マツダの技術”匠塗”で、あたかも大きな鉄の塊を削ったようなリアルな質感になっているようです。

 

確かに、マシーングレープレミアムメタリックなら派手過ぎず地味過ぎないカラーをしていますね。

見た目にもCX-8が持つ「高級感」がしっかり表れていますし、色選びに悩んだときについつい選んでしまう。

そんなボディーカラーではないでしょうか。

 

この次に人気があるのが、先ほど紹介した「ジェットブラックマイカ」「ソウルレッドクリスタルメタリック」

  • スノーフレイクホワイトパールマイカ
  • ディープクリスタルブルーマイカ

この辺りが同じくらいの売れ行きになっているそうです。

Sponsored Link




CX-8にも不人気なボディーカラー(色)ってあるの?

逆に不人気までとはいきませんが、大きな売れ行きが少ないのが、

  • ソニックシルバーメタリック
  • チタニウムフラッシュマイカ

この2種類のカラー(色)とのことでした。

 

個人的には、ソニックシルバーメタリックも匠塗のマシーングレープレミアムメタリックのように「機械」や「鉄」の質感が表現された良いボディーカラーだと思います。

ただ、色の深みの部分を考えると、やはり、「マシーングレープレミアムメタリック」のほうが上にあるように感じますね。

「高級感」を感じやすいのも、どちらかと言えばこっちなのかなと。

 

チタニウムフラッシュマイカは、濃い緑と茶色を混ぜたようなカラーで、全面的に大人っぽさが表れています。

ヨーロッパの中世的な街並みにはスゴく相性の良い色ではないでしょうか。

しかし、日本の街中や田舎を走るのであれば少し浮いた存在になるため、その結果、売れ行きも少ないのかなと思います。

 

この色、あき坊的には全然好み。

CX-8のデザインとの相性もグッドなので^^

 

ま、でも、CX-8のボディーカラーは魅力的な色が多いですからね。

それだけ選ぶ側も細かなところまで見て決めるような感じになるので、CX-8自体の車体とカラーの相性が重要なポイントになってきそうです。

 

それから、営業マンさんも話していましたが…

今回紹介した人気や不人気のボディーカラー(色)はお店ごとに若干の違いがあるようですから、あくまでも参考のひとつとして見てもらえたら嬉しいです。

CX-8 失敗しないためのカラー色選びの4つのポイント

それではここから、後悔のないCX-8の色選びができるよう大切なポイントを4つ紹介していこうと思います。

いろんな角度からボディー(車体)を見てみる

まず大切にしてほしいのは「いろんな角度からボディー(車体)を見る」という事です。

マツダCX-8には7種類のカラーがあったと思いますが、すべての色に共通して角度によって見え方が変わってきます

正面から見たとき、真横から見たとき、下から見たとき、近くで見たときなど…

気に入ったCX-8の色があれば、とにかく様々な方向から見るといいと思います。

あき坊が乗ったジェットブラックマイカのCX-8も、近くと遠くから見た時では「黒色」の深みが違ってましたから。

晴れの日、雨もしくは曇りの日の2回試乗をする

次に大切になってくるのが「晴れの日、雨もしくは曇りの日の試乗」です。

「どうして2回なの?」と疑問を感じている人も多いと思いますが…

これもさっき紹介した内容と同じで、光の反射具合によって微妙にボディーカラーの見え方が変わってくるからなんですね。

 

晴れの日は日差しが強いため、ピカピカ輝いて見えることが多く、どちらかと言えば色にたいして「好印象」を受けると思います。

逆に、雨や曇りの日だと日差し自体が弱く、どちらかと言えば、かっこいいCX-8の印象は受けにくいかもしれません。

 

が、CX-8の飾られたボディーカラーではないので、雨や雲の日に「いい!」と思った色であれば、おそらく晴れの日にも良く見えるはず。

違う状況のときに2回の試乗をすることで、購入後の「イメージしていたものと違った…」も避けられるようになると思いますよ。

リセールバリューを考えておく

この部分は購入後に「CX-8を手放す気なんてないよ」と思ったら、スルーしても全然問題ありません。

 

次に大切なのが「リセールバリューを考えた上で購入する」です。

リセールバリューが何なのか説明をすると、車を売るときの価値、手っ取り早く言うと「下取金額」のことですね。

中古車をしたその車を売るとき、CX-8のボディーカラー(色)によっても値段が違ってきます。

 

具体的な価格までは分かりませんが、一般的には高いほうから順に、

  • スノーフレイクホワイトパールマイカ
  • ジェットブラックマイカ
  • ソウルレッドクリスタルメタリック
  • マシーングレープレミアムメタリック
  • その他

このようになっています。

 

CX-8の購入のときに手放す想像をしたくはないと思いますが、色選び次第で、得をするか損をするかが決まります。

ボディーカラー(色)の決定の際は、きちんとリセールバリューの事も考えておくと将来的に後悔することも少なくなるはずです。

自分の年齢や性別は気にしない

リセールバリューも大事ですが、この中で最も大切なのは「自分の好きなCX-8のボディーカラー(色)を選ぶ」という事です。

今までだと年齢や性別を気にしてしまって、なかなか好きな色の車に乗れなかったという人もいると思うんですね。

しかし、営業マンさんに聞いた話によると、「最近は他人がどうこうではなくて、自分が好きな色を乗る人が増えている」という風に仰っていました。

 

そう考えてみると最近、派手なボディーカラー(色)の車が増えているような気がしませんか?

時代も時代ですし、年齢や性別よりも前に、まずは自分の個性を大事にしてください。

気に入ったCX-8のカラーがあれば、どんな色であっても購入を検討してみましょう

Sponsored Link




マツダCX-8の人気のカラー(色)と後悔しない色選びのポイントまとめ

最後に、ここまでの内容をまとめていきます。

 

CX-8のボディーカラー(色)には全部で7種類ありましたが、一番人気が「マシーングレープレミアムメタリック」でした。

この次に、

  • ジェットブラックマイカ
  • ソウルレッドクリスタルメタリック
  • スノーフレイクホワイトパールマイカ
  • ディープクリスタルブルーマイカ

この4種類の人気が続いています。

 

後悔しないためのCX-8の色選びのポイントとしては、

  1. いろんな角度からボディーを見てみる
  2. 晴れの日と雨または曇りの日に2回試乗する
  3. リセールバリューを考えた上で購入を検討しておく
  4. 年齢や性別は気にせず自分の好きなカラーを選ぶ

この4つを紹介していきました。

 

マツダのCX-8は魅力的な色ばかりなので、どれを選べばいいのか分からなくなると思います。

しかし、これから数年、人によっては十数年間乗り続けていく車にもなるわけです。

購入後に「色選びに失敗した…」と思わないためにも、この記事で紹介した人気のボディーカラーや後悔しないための色選びのポイントをぜひ参考にしてみてください。

あなたにとってCX-8が最高の買い物だったと思えるよう、あき坊も陰ながら応援しているので^^

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で