ちー婆(ばぁ)ちー婆(ばぁ)

こんにちは、ちー婆(ばぁ)です。

夏のイベントを楽しんだら、次は、秋のイベントですねっ!

最近どんどん日本に浸透してきて、大人から子供まで楽しめる秋のイベントが『ハロウィン』。

毎年『ハロウィン』は10月31日ですが、もっと前から町は、ハロウィンの飾りつけモードになっていますよね。

 

いったい、毎年いつからいつまでが、ハロウィンのイベント期間?いつごろハロウィンの飾りつけを始めるの?

ということで、今回は、秋のイベント『ハロウィン』の素朴な疑問『いつ』について紹介します。

Sponsored Link




ハロウィンっていつからいつまでのイベント?飾りつけはいつからするの?

日本の年間行事で一大イベントといえば、お正月。

お正月にも、鏡餅やしめ縄を飾ったり、おせち料理の準備をしたりします。

 

でも、さすがに9月ごろからお正月の飾りつけの準備を始める人は、いませんよね~。

ハロウィンは、お正月よりも2か月ほど早い10月31日ですが…

まさか、ハロウィンの飾りつけを、8月から始めるのは、ちょっと早すぎですよね?

 

それでは、いったい、いつから飾りつけをするのか?

一般的な時期として調べてみると、3つのパターンがありました。

 

  • 9月末から10月初めごろ

ハロウィンが10月31日(10月末)なので、その「1か月前くらいから」、ハロウィンの飾りつけを家の中にしていくパターン。

9月といっても、まだまだ暑い日が続くので、秋のイベントは、秋の気配が日々感じられるころがいいですよね。

最初は、控えめに飾りつけをしておいて、徐々に増やしていくとハロウィーンのムードも盛り上がっていきそう^^

 

  • 9月の初めごろから

8月のカレンダーをめくったら、気持ちを切り替えて秋モード!というパターン。

「ハロウィンに毎年情熱を燃やしています!」「せっかく、飾るから長くハロウィンのイベントを楽しみたい!」という気持ちの人。

なるほどな~、楽しいイベントは、できるだけ長く楽しみたいですよね。

 

東京ディズニーランドでも、例年9月8日ごろから、ハロウィンのイベントが、始まるようです。

ディズニーランド園内は、ハロウィンの飾りつけ一色になるので、ディズニーが好きな人は、同じころに部屋に飾り付けを始めてもいいかも^^

 

  • 9月のお月見が終わったころ

家の中や玄関の飾りつけは、1つのイベントが終わったら、次のイベントの飾りつけをするというパターン。

秋のイベントとして有名なのが日本古来の伝統行事であるお月見(十五夜)。

最初の秋のイベントお月見を節目に、次のイベントのハロウィンに移る、という気持ちの流れがいいですよね~。

四季折々の行事を大切にする日本の心が、あらわれている気もします^^

 

ちなみに、お月見(十五夜)は、毎年少し日にちが変わるので、いつなのかをカレンダーで調べてみるといいかもしれません。

 

十五夜のお月見に関係のある記事

  • 月の満ち欠けは神秘の連続!満月や十五夜…いくつの名前を知っていますか?

月の満ち欠けは神秘の連続!満月や十五夜…いくつの名前を知っていますか?

こちらの記事で、十五夜のお月見について詳しく書いていますので、参考にどうぞ。

ハロウィンっていつからいつまでのイベント?飾りつけはいつ片づけるの?

ハロウィンの飾りつけをいつ始めるかは、3つのパターンを紹介しました。

それでは、ハロウィンを楽しんだ後の片づけはいつ?

 

イベントは、何でも楽しいので、できるだけ長く飾りつけも、そのままにしておきたいところですが…

ハロウィンの飾り付けの片づけを、いつまでにしてしまうのか、その決まりはありません。

 

でも、ハロウィンが終わった次の日は、もう11月。

だから、区切りよく次の日の11月1日に、ハロウィンを片付ける人が、ほとんどのようです。

 

忙しかったり、せっかく飾ったから片付けるのは、寂しい…

そんな気持ちで、しばらくは、ハロウィンを過ぎても、飾り付けがそのまま、という家もあるかもしれませんね。

 

でも、日本のお盆と同じような意味を持つハロウィンは、イベントが終わったら、できるだけ早く片付ける方が良いようです。

東京ディスニーランドのハロウィンイベントも、一夜にして、飾り付けは、すべて片付けられるそうですよ!

 

やっぱり、どんなイベントも、イベントの日が近づいてくるのを、待つ時間が一番楽しいですよね。

 

ハロウィンを十分に楽しんだら、次はもう冬のイベントの準備です^^

Sponsored Link




ハロウィンって日本ではいつから流行ってきたイベントなの?どのように?

今では、日本中どこでもハロウィングッズが手に入り、ハロウィンのかぼちゃのデザインが入ったお菓子が売られています。

でも、ちー婆(ばぁ)の子供の頃の記憶には、全くハロウィンの記憶がない…

 

だから、「ハロウィンは、日本でいつから流行ってきたの?どのように?」と聞かれたら、ちー婆(ばぁ)が大人になってから…と漠然としています。

はっきりとした答えを知りたくて、ちょっと調べてみると、なるほど~と思ういくつかの理由がありました。

 

  • 日本の2大テーマパークでハロウィンイベントが行われるようになったから

東京ディズニーランドでは、1997年10月31日にディズニーランド園内に、仮装した入園者が集まるイベント「ディズニー・ハッピーハロウィン」を開催。

初イベントの参加者は、少なかったそうですが、もともとディズニー大好きな日本人、徐々に広まっていき大ヒット!

現在では、9月初旬から始まる大きな年間イベントの1つになっています。

また、2001年に開園したユニバーサルスタジオジャパン(USJ)でも、2002年から「ハリウッド・ハロウィンイベント」を毎年開催。

とういことで、この日本2大テーマパークのハロウィンイベントから、一般に広まったというのが1つの理由です。

 

  • ハロウィン独特の仮装(コスプレ)に人気が集中したから

ハロウィンが、2大テーマパークのイベントで、広く知られるようになっただけでなく、人気が出た理由は「仮装(コスプレ)」。

アメリカには、他にもイースターや感謝祭などのイベントもあるのですが…

普通の生活とはちょっと違う、変わった服装をする仮装(コスプレ)パーティを開くハロウィンは、日本人の心を揺さぶったようです。

 

そういえば、逆に日本のアニメやゲームは世界的に人気があり、登場人物やキャラクターのコスプレが、世界中に流行っていますよね。

ハロウィンだけが、アメリカの行事の中で、特別日本で人気になったのは、この「仮装(コスプレ)」という楽しみがあるイベントだからでしょう。

 

  • ハロウィンが商業的な価値があるイベントとして企業に注目されたから

ハロウィンが注目される以前からあった海外のイベントは、バレンタイン?!

バレンタインも、年に1回チョコレートを買って誰かにあげたり、自分で食べたりなど特別な日になっていますよね。

ハロウィンも、バレンタインに似たようなところがあるのかも?

 

ただし、ハロウィンはチョコレートだけでなく、いろいろな種類のお菓子やケーキが一杯登場^^

 

また、ハロウィンのテーマカラーは、かぼちゃのオレンジ色と夜を表す黒色です。

オレンジ色と黒色は、スーパーのイベントコーナーの飾りつけにも、インパクトがある目立つ色ですね^^

 

  • 海外の文化を楽しく取り入れたいと思う日本人がもつ国民性から

ハロウィンというイベントの歴史は、日本ではまだ2000年頃からですが、クリスマスはどうでしょう?

クリスマスについてはいつごろからの記憶がありますか?

当然クリスマスは、ちー婆(ばぁ)が子供の頃からあるイベントです。

クリスマスケーキを食べて、プレゼントを楽しみに、次の日の朝起きるという一大イベントでした。

 

【参考】ハロウィンに関する記事

  • ハロウィンって何?由来や意味を知るともっと秋のイベントが楽しい!?

ハロウィンって何?由来や意味を知るともっと秋のイベントが楽しい!?

 

海外に関する関心が高い日本人は、新しいものを生活に取り入れることが好きです。

また、日本には四季それぞれの伝統的なイベントもあり、年間行事を大切にするという国民性からも、ハロウィンが受け入れられたのでしょうね。

Sponsored Link




まとめ ハロウィンはいつからいつまでのイベント?飾りつけも楽しみたい!について

今回は、秋のイベント、「ハロウィンの飾りつけをいつからいつまでするのか」と「ハロウィンはいつから流行ったのか」の2点について紹介しました。

ハロウィンの「いつ」について、いろいろと紹介しましたが、季節ごとに飾りつけをしていくのは、何でもとても楽しいですよね^^

 

仕事などで忙しすぎると、季節感を感じなくなることもありますが、せっかく四季のある日本に生まれたのだから…

特別に、仮装(コスプレ)したり、ディズニーランドに行ったりしなくても…

 

かぼちゃの飾りつけをしたり、ハロウィンのお菓子を買ってみたりなど、ちょっと何かするだけで…

海外のイベントである『ハロウィン』が、明るく楽しい気持ちで過ごせるのではないかなと、イベントが好きなちー婆(ばぁ)は、思います^^

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で