ぶん爺(じぃ)ぶん爺(じぃ)

こんにちは、ぶん爺(じぃ)です。

2018年8月5日から、甲子園で夏の全国高校野球が始まりますね。

2018年は、ちょうど100回大会ということで、レジェンド始球式が毎日開催されて行きます。

甲子園で活躍した、あの憧れのレジェンド達による始球式です!

 

高校野球ファンでなくても、これは見てみたいな!という人もたくさんいるはず!!

そこで今回は、甲子園2018(第100回大会)のレジェンド始球式で投げる元プロ野球選手の情報を詳しくまとめてみました。

Sponsored Link




2018(第100回大会)のレジェンド始球式で投げる元プロ野球選手のリストと日程表

2018年8月5日から8月21日の日程で、甲子園で行われる全国高校野球の始球式に毎日元プロ野球選手が投げるというもの。

さすがは、100回という節目にふさわしいメンバーが選ばれています。

 

では、さっそくレジェンド始球式で投げる、甲子園で活躍した元プロ野球選手達とその日程を詳しく見ていきましょう。

8月5日  松井秀喜さん (石川県 星稜)
8月6日  石井毅さん (和歌山県 箕島)
8月7日  定岡正二さん (鹿児島県 鹿児島実)
8月8日  牛島和彦さん (大阪府 浪商)
8月9日  平松政次さん (岡山県 岡山東商)
8月10日 谷繁元信さん(島根県 江の川)
8月11日 水野雄仁さん(徳島県 池田)
8月12日 本間篤史さん(北海道 駒大苫小牧)
8月13日 坂本佳一さん(愛知県 東邦)
8月14日 中西清起さん(高知県 高知商)
8月15日 安仁屋宗八さん(沖縄県 沖縄)
8月16日 板東英二さん(徳島県 徳島商)
8月17日 金村義明さん(兵庫県 報徳学園)
8月18日 中西太さん(香川県 高松一)
8月20日 第1試合 桑田真澄さん(大阪府 PL学園) 第2試合 佐々木主浩さん(宮城県 東北)
8月21日 太田幸司さん(青森県 三沢)井上明さん(愛媛県 松山商)

※()内は出場した当時の都道府県名と学校名

 

あらためてレジェンド始球式のメンバーを見ると、すごい人達ばかりですね(汗)

Sponsored Link




2018(第100回大会)のレジェンド始球式で一番気になっている元プロ野球選手とは?

このレジェンド始球式のメンバーのなかで、ぶん爺(じぃ)が一番気になっている元プロ野球選手は、開会式直後の8月5日のレジェンド始球式で投げる松井秀喜さん

日本では読売ジャイアンツ(巨人)、そしてアメリカに渡って大リーグヤンキースなどで大活躍した、あの松井秀喜さん。

 

ぶん爺(じぃ)、宮崎に住んでいるじゃないですか。

宮崎と言ったら、地鶏やチキン南蛮、マンゴー!

だけではなく、「プロ野球のキャンプ地」としても有名なんです!!!

 

しかも、読売ジャイアンツ(巨人)はずーっと宮崎で春と秋の2回、毎年キャンプで宮崎に来ているんです。

ぶん爺(じぃ)も、ひと昔まで読売ジャイアンツ(巨人)の大ファンだったぐらいですから!

 

ま、この話はひとまず置いといて(笑)、なぜ松井秀喜さんが気になっていたかというと…

20年以上前の話にさかのぼります(汗)。

 

以前勤めていた会社の上司の人が、読売ジャイアンツ(巨人)の宮崎キャンプを見に行った時、松井秀喜さんの打つ打球を見て…

ひったまがった!(驚いた)そうなんです。

 

「あいつ(松井秀喜さん)の打球、半端ないぞ!!!」

球が途中からグッと伸びて行くんだ!

その上司が興奮した感じで話していたんですよ。

 

「いやいや、そんな。普通の打球でしょ。バカバカしい」

その時は、そんな風に思っていました。

ところが…

 

ちょっと、その上司の言葉が気になって、仕事を休んで平日の宮崎キャンプを見に行ったところ…

とんでもない光景を見てしまいました。

 

普段は、こんな感じで読売ジャイアンツ(巨人)は打撃練習しています。

 

あ、この写真は2018年の春季宮崎キャンプで撮った写真です。

 

で、プロ野球選手でもこんな感じの打球の伸び方だと思います。

 

でもですね、松井秀喜さんの打球の場合には…

 

こんな感じで打球が途中から伸びて行くんですよ、コレが!

ぶん爺(じぃ)が見た打球がたまたま、こんな軌道していたのではないかとずっと見ていたのですが…

 

松井秀喜さんがスイングするごとに、球場に見に来ていた人の「ウオォー」という声が。

ぶん爺(じぃ)も、もちろんこんな打球の軌道を見るのは初めてで、思わずみんなと一緒に「ウオォー」と唸っていたのをはっきりと覚えています。

 

「すげぇ、松井秀喜!こりゃー、すげぇー奴が出てきたぞ!」

「大リーグでも通用するな!」

みんなそう思ったのではないでしょうか?

 

そんな伝説を持った人も、今は引退して元プロ野球選手となっています。

しかし、あの時の光景は、はっきりと覚えているんです。

Sponsored Link




甲子園2018(第100回大会)のレジェンド始球式 松井秀喜さんの始球式は超見物!

2018年が全国高校野球大会の100回目の年。

松井秀喜さんとしては、甲子園で5打席連続フォアボールという、強打者ゆえの悲しい甲子園だったことでしょう。

ただ、ここから、その悔しさをばねにしてプロ野球に入り、そして大リーグでも大活躍するという偉業を成し遂げた松井秀喜さん。

 

しかも、今回の開会式直後の第1試合でレジェンド始球式で投げるのは、松井秀喜さんの母校、石川県の星稜高校と大分県の藤蔭高校の試合ですから。

何とも、運命めいたものを感じずにはいられません。

甲子園2018(第100回大会)の松井秀喜さんレジェンド始球式は星稜と藤蔭どちらも後攻ねらい?

松井秀喜さんの母校、石川県の星稜高校。

先輩が始球式をしてくれるとなると、かなり緊張していることだと思います。

あの憧れの大先輩が、自分たちの目の前で、しかも始球式で投げてくれる!

 

関係者の周りでも、星稜高校が「先攻」か「後攻」かでも、話題が持ち切りなっているぐらいですから。

また。星稜高校の監督さんも、偉大な母校の先輩からのレジェンド始球式に興奮しているぐらいですからね。

 

これは、超見物だと思います。

ぶん爺(じぃ)も、テレビの前にかじりついて、松井秀喜さんのレジェンド始球式を見ようと思っています。

 

どうやら星稜、藤蔭どちらの高校とも、「先攻」ではなく「後攻」を狙っているようです。

特に星稜のほうは、「松井秀喜さんに先発投手の横に立っていてもらいたい!」という気持ちが強いようですからね。

星稜と藤蔭の試合はもうすぐプレイボール!

いったい、どうなるんでしょうかね^^

 

また、2018年8月6日以降にレジェンド始球式で投げる人たちについても詳しく書いていきたいと思っていますので、楽しみにしていてくださいね。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で