ぶん爺(じぃ)ぶん爺(じぃ)

こんにちは、ぶん爺(じぃ)です。

2週間ぐらい前にマツダにて試乗したデミオ。

デミオは狭い!」と感じている人もたくさんいると思います。

 

でも、デミリットよりもメリットの方が大きいと、ぶん爺(じぃ)は感じています。

今回は、あなたが狭いと感じているデミオの魅力をうまく伝えることができたらいいなーと思い、書いてみることにしました。

Sponsored Link




デミオの室内は狭いと思っている人が多いのは事実

デミオは普通車の中でもコンパクトカーの中に入ります。

現行型の新型デミオの大きさを簡単にいうと、全長が4060mm、全幅が1695mm、全高が1525mmというコンパクトな車。

 

この大きさからいって、デミオの室内は狭いなーという感想を持った人も多いはずです。

正直、ぶん爺(じぃ)も、デミオは狭いと思います。

 

だから、デミオを購入する気がなくなるのかというと、そうではありません。

デミオのガソリン車は試乗していないので分かりませんが、新型デミオのディーゼル車に関してはメリットのほうが大きいからです。

 

なぜ、そう言い切れるのか?

運転した時の爽快感は、何ともたまりません。

平たんな道ではなく坂道を走ってみると、その意味がよく分かると思います。

 

■ デミオ加速の参考記事

【試乗】デミオディーゼルの加速と実燃費に心がワクワク!

【試乗】デミオディーゼルの加速と実燃費に心がワクワク!

 

全然、他のメーカーとは違う力強い走り。

これこそがデミオに乗る最大のメリットなのかなと、ぶん爺(じぃ)は思います。

 

売れ行きは他のメーカーの同じクラスとコンパクトカーと比較すると、そこまでバカ売れ状態というわけではありません。

バカ売れ状態の車種はトヨタのアクア、ヴィッツ、日産のノートe-POWER、ホンダのフィットといった辺りでしょう。

 

かといって、デミオは売れないコンパクトカーとも違います。

案外、1200~1500ccの車って、どうしても燃費を重視しているので、もっさりとした走りになっていると思います。

 

でも、デミオは違いますから。

特にデミオディーゼル車の場合、アクア、ヴィッツ、フィットといった売れ筋の低燃費カーを試乗したあとにデミオのディーゼル車に乗ると、ひったまがる(ビックリする)はずです。

何でこんなに軽いアクセルなのに、力強い走りなのかと。

 

ぶん爺(じぃ)も、ずーっと新型デミオのディーゼル車に試乗してみたかったぐらいですから。

口コミでの評価も高そうだし…

 

■ デミオの口コミの参考記事

マツダデミオの評判が知りたい!良い悪い口コミを全部まとめてみた

マツダデミオの評判が知りたい!良い悪い口コミを全部まとめてみた

 

Sponsored Link




乗ってみてビックリ、デミオは狭い…

そして、乗ってみてまたビックリ。

想像以上のエンジン…

 

正直言って、後部座席やその足元を見ると…

お世辞でも決して広いとは言えません。

どちらかというと、狭いです。

 

確かに室内は狭いですよ、デミオは。

特に後ろの後部座席はご覧の通り。

 

でも、足元はこんな感じでちゃんと置けますので。

運転席の座席のシートは前にスライドしなくても、このくらいの足元はありますから。

 

デミオに4人乗っても大丈夫だと思います。

しかし、5人乗りとなると…

 

後部座席の真ん中に座る人は、足元が窮屈で狭いので5人乗りはおすすめできません。

でも、狭いからと言ってデミオの乗り心地が悪くなっているのではないので安心してくださいね。

 

ぶん爺(じぃ)的には、デミオの乗り心地はかなりよいと思っています。

運転席の足元の位置は、自然体で置けて楽に運転できるのが嬉しいです。

 

■ デミオの乗り心地に関する参考記事

デミオディーゼルの乗り心地はどうだった?本音をポロリ!

デミオディーゼルの乗り心地はどうだった?本音をポロリ!

 

そういえば、ネットでデミオの運転席の視界が狭いという口コミを見ましたが、実際にぶん爺(じぃ)が運転してみて視界が狭いという感じは受けませんでした。

デミオ自体の車高が低いので、そう感じり人もいるかもしれませんが。

 

そして、「どうしても後部座席が広いのがいい!」と考えているなら、フィット、ノートe-POWERをおすすめします。

フィット、ノートe-POWER、どちらに乗っても燃費の良い車だと思うし、後部座席も狭いわけではないから不便さを感じることは少ないでしょう。

 

また、アクア、ヴィッツに関して言えば、後部座席は狭いですが燃費は良いハイブリッドのコンパクトカー。

しかも売れているので安心感はあると思います。

 

■ アクアの参考記事

トヨタアクアの燃費について

トヨタアクアの燃費が悪いと思ってがっかりしていませんか?

 

ただ、アクアとヴィッツ、後部座席の広さはデミオと同じぐらいと思っていた方がよいでしょう。

そしてハイブリッドなので、出だしにモヤッと感があります。

 

そう考えると、デミオのディーゼル車の出だしは気持ちよく加速していくので、ストレスを感じることはないです。

燃費を重視するなら、デミオも候補のひとつに入れておいても損はないと、ぶん爺(じぃ)は思います。

ディーゼル車の場合、燃料は軽油なのでガソリン車と比較しても20円ぐらいは安くなりますので。

 

それとデミオの内装はシンプルですが、とても良い素材を使って作り込まれているので落ち着いた雰囲気で運転することができますね。

ただ、室内の広さははっきり言って狭いので、気持ち的に落ち着いて運転に集中できる環境というか…

 

デミオの人気の色も赤色で情熱的な色。

運転そのものが楽しくなるはずです、きっと。

 

■ デミオの色に関しての参考記事

デミオの色(カラー)で人気色は?注文すると納車・納期はいつになる?

デミオの色(カラー)で人気色は?注文すると納車・納期はいつになる?

 

ここで、デミオの特徴と魅力をあげるなら…

  • 室内の狭さはアクア、ヴィッツと同じぐらい。
  • そして燃費でもガソリン車の燃費より少し落ちるぐらいの実燃費。
  • 価格は同じぐらいの値段。
  • 走りや加速はストレスを感じさせない。

 

そう考えた場合、デミオは十分に購入する価値のあるコンパクトカーになると思います。

まとめ デミオは狭いからダメなのか?

ここまでのことをまとめたいと思います。

  1. 結論からいうと、デミオの室内、特に後部座席とその足元は狭い
  2. でも、だからと言って乗りたくはない車には当てはまらない
  3. なぜなら、デミオの加速は素晴らしいものがあるから
  4. そして、軽油なので燃料代も安くつき、家計の負担も軽くなるから
  5. 室内の内装はシンプルだけど、結構いい素材のものが使われていて乗り心地は悪くない

 

できれば、マツダのお店に行って一度試乗をして、自分の目でデミオが狭いのかを確かめてから総合的に判断して欲しいと思っています。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で