ちー婆(ばぁ)ちー婆(ばぁ)

こんにちは、ちー婆(ばぁ)です。

牛丼、親子丼、天丼、海鮮丼、かつ丼。

「丼」が付くメニューは、いろいろありますね。

 

「豚丼」は、最近のメニュー?

北海道では、大正時代から、食べられていたらしいですよ。

今は「豚丼のタレ」で、誰でも簡単に豚丼が作れます。

 

じゃあ、その「豚丼のタレ」を使って、他のメニューを作りたい!

ソラチ豚丼のタレを使った、メニュー5品に挑戦!簡単かな?

Sponsored Link




豚丼のタレを使って、簡単、「朝ごはんのメニュー」を作る

朝ごはんを、毎朝食べていますか?

朝ごはんが、大切なことは、よくわかっているけれど、時間がね~。

簡単に、バランスよく、しっかりとした朝ごはんが、食べたい!

 

そんな矛盾した気持ちを、すっきりと解決してくれるのが、この「豚丼のタレ」

ワンパーターンになりがちな、朝ごはんが、豚丼のタレを使えば、簡単です。

豚丼のタレで「ほうれん草と豚肉の卵とじ」のメニュー

あっという間にできて、バランスのいい、朝ごはんです。

準備するものは、豚丼のタレ、卵、豚肉、ほうれん草。

卵1個につき、豚丼のタレ大さじ1を、混ぜておきます。

 

次に、豚肉を油で炒めて、ほうれん草を加えます。

最後に、豚丼のタレで、味を付けた卵を、まわし入れて出来上がり!

卵が、半熟くらいで火を止めたほうが、ふんわりとした仕上がりに^^

 

卵に、豚丼のタレを混ぜておくと、味が均等について、おいしいです。

ほうれん草は、冷凍されたほうれん草を使うと簡単です。

 

ちー婆(ばぁ)は、良く活用します^^

今回は、わらびも、一緒に使ってみました。

豚丼のタレで「おにぎらず」のメニュー

ほうれん草の卵とじは、本当に簡単でした~!

「おにぎらず」は、夜のうちに、少し下ごしらえをしておけば、朝が楽になるメニューです。

準備するものは、豚丼のタレ、鶏ひき肉、刻んだネギ、キュウリ、卵、のり。

 

ひき肉にも、いろいろな種類がありますが、鶏ひき肉が、あっさりしていて、おいしいです。

鶏ひき肉を炒めて、刻んだネギと、豚丼のタレで味をつけます。

 

刻んだネギを、一緒に炒めることで、味が全く変わりました!

驚き!

 

薄焼き卵を作ります。

卵には、少し塩を加えて、味を付けたほうが美味しいですね。

 

キュウリを、斜め薄切りに切ります。

 

のりの上に、ごはん、肉、卵、キュウリの順番にのせます。

 

のりで上手にくるんだら、サランラップで、さらにしっかりと包みます。

このまま、一晩おくと朝は、そのまま朝ごはんに!

 

夕食のメニューとして使いたければ、材料をテーブルにド~ンとすべておいて、こんな風はどうでしょう?

 

おにぎらずパーティ、自分で好きなようにアレンジ出来て、楽しいですよ^^

ちなみに、ちー婆(ばぁ)は、夕食メニューとして食べました!

Sponsored Link




豚丼のタレで、簡単、「夕食のメニュー」を作る

朝ごはん、お弁当、昼ご飯、夕食と、毎日考えるのは、本当に大変!

豚丼のタレを使えば、いつものメニューが、簡単に変化します。

豚丼のタレで「そぼろ丼」のメニュー

そぼろ丼の味付けに、困りませんか?

醤油と砂糖、酒などで、簡単に味付けができるけど。

 

ちー婆(ばぁ)が作るそぼろ丼は、目分量なので、いつも味が、微妙に違います。

豚丼のタレを使えば、簡単に、おいしい味付けになりました!

準備するものは、豚丼のタレ、豚ひき肉、卵、緑の野菜(さやえんどう豆、わらびなど)、生姜。

 

初めに、豚ひき肉に生姜を入れて、混ぜ合わせます。

生姜を混ぜると、豚肉の臭みを、消してくれるし、味も良くなりますよ。

生姜は、自分ですりおろしてもいいですが、ちー婆(ばぁ)は、簡単なチューブ式を使います^^

 

良く混ざったら、フライパンで炒めます。

豚肉は、しっかりと火を通しましょう。

 

別のフライパンで、炒り卵を作ります。

炒り卵は、半熟程度がベスト!

半熟卵はご飯との相性が、とってもいい^^

 

緑の野菜を、食べやすい大きさに切ります。

 

肉、卵、野菜の3色をどんぶりに、美しく飾れば出来上がり!

ちー婆(ばぁ)は、マヨネーズを、付け合わせにしてみました^^

そぼろ丼の味が、引き締まって、とってもおいしかったです。

豚丼のタレで、「豚じゃが」のメニュー

北海道では、豚肉を使った肉じゃが「豚じゃが」が、一般的。

肉じゃがと言えば、牛肉でしょ、と思っていたちー婆(ばぁ)は、興味津々。

 

さっそく、豚丼のタレで、作ってみました。

準備するものは、豚丼のタレ、豚肉、玉ネギ、ジャガイモ、こんにゃく。

 

野菜をひと口大に切ります。

 

深めの鍋で、肉、切った野菜の順番で、炒めます。

油が全体に回ったら、野菜が隠れるくらいの水と、豚丼のタレを適量、好みで!

 

落し蓋をして、中火で、そのまましばらく煮ます。

落し蓋の代わりに、ちー婆(ばぁ)は、よくアルミホイルを使います^^

 

全体に、味がしみ込んだら完成!

味見をしてみると、豚丼のタレだけでは、ちょっと足りなかったので、醤油を足しました。

 

時間があれば、火を止めて、しばらくおいたほうが、味がよくしみ込んで、おいしくなります^^

Sponsored Link




豚丼のタレで、簡単、「豚の角煮」に挑戦!

「豚の角煮」何て、難しそうで、今まで作ったこともない!

豚丼のタレを使えば、簡単にできそうだったので、挑戦することにしました。

準備するものは、豚丼のタレ、豚肉ブロック、ネギ、生姜。

 

初めに、熱したフライパンに、油を入れ、豚肉のすべての面に、焦げ目をつけます。

豚肉のいい匂いが~^^

 

次に、水、ネギ、薄切りにした生姜、豚丼のタレを入れます。

落し蓋をして、弱火で30分~40分。

 

書いてある通りにすると、まだあまり味がしっかりついていなかったので、30分プラスして完成!

豚肉が、とろけるほど柔らかくなって、味もよくしみ込んでいました。

 

初めて作った、豚の角煮。

豚丼のタレのおかげで、こんなに簡単にできた~!

 

そのまま食べても、十分おいしかったけれど、少しアレンジして、ラーメンの具に。

ちなみに、ラーメンは、塩ラーメン。

 

北海道で塩ラーメンを食べて、ちー婆(ばぁ)は、すっかりファンになっています^^

北海道十勝平野で食べた、豚丼は?

北海道旅行の時、ちー婆(ばぁ)が一番食べたかったのが、本番の豚丼。

豚丼のタレで、全国どこでも、簡単に作れるけれど、本場はどうかな~と思っていました。

ちょうど、旅行2日目のお昼ごはんのメニューが、豚丼!

とかち亭というお店で、いただきました。

 

豚丼に、そば、付け合わせ2品、デザートにシフォンケーキとおはぎもついて1200円。

豚丼の豚肉は、甘辛くてちょうどいいおいしさ。

豚肉1枚1枚も、とてもしっかりとした厚さで、ボリューム満点メニュー。

豚丼のタレが、ご飯の下までたっぷりとしみ込んでいて、最後までおいしくいただけました^^

 

薬味としての生姜は、自然の山生姜のすりおろし。

自分で好きな量が、入れられるように、豚丼とは別に、横についていて親切^^

 

豚丼で、お腹いっぱいになったけれど、デザート2品は別腹?!

おはぎのあんこが、特においしかった~。

十勝平野の小豆かな?

 

昼食後、お店の売店で、ソラチ十勝豚丼のタレを早速購入!

お土産としても、数本買いました!

ちなみに、2月10日が豚丼の日。

まとめ 豚丼のタレを使ったメニューについて

今回、初めて、豚丼のタレを使って、豚丼以外のメニューを、作ってみました。

豚丼のタレを、そのまま使って、豚丼を作るのは、簡単でおいしいのは、当たり前です。

 

でも、豚丼のタレを使って、別メニューを作っても、簡単でおいしい!ということが分かりました。

もし、材料として書かれているものがなければ、別の身近にある材料をかわりに使ってもよし。

ちょっと、豚丼のタレだけでは、物足りなければ、自分で調味料を付け足してもよし。

 

豚丼のタレという、基本のタレさえあれば、毎日のメニューが、こんなに簡単にアレンジできます。

今度は、豚丼のタレを使って、ちー婆(ばぁ)オリジナルのメニューを作ってみようかな?^^

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で