ちー婆(ばぁ)ちー婆(ばぁ)

こんにちは、ちー婆(ばぁ)です。

ドライパイナップル、レーズン、ドライマンゴ―、どれもおいしそう!

でも、ドライフルーツは、一度にたくさんの量は、食べれませんよね。

できればちょっとずつ、たくさんの種類を、味見したいな~。

と、思ったので、お試しドライフルーツミックスを12種類買って、味の比較をしてみました。

Sponsored Link




ドライフルーツ12種類の大試食会!

注文していたドライフルーツが届いたのは、ゴールデンウイーク終了後。

 

早速、食後のデザートとして、国産果物4種類と海外産果物8種類、合計12種類のドライフルーツを試食しました。

こんなにたくさんの種類のドライフルーツを、一晩で食べたのは、初めて!

でも、ドライフルーツ大好きなちー婆(ばぁ)は、大興奮でした。

今回は、ぶん爺(じぃ)とあき坊(ぼぅ)も、一緒に試食に参加してもらいました。

ワイワイ言いながら、楽しくコメント^^

そして、12種類のドライフルーツを、3つのカテゴリーに分け、比較したことをまとめました。

定番のドライフルーツ3種類で比較してみると?

ドライバナナも定番ですが、今回は、お試しセットの種類に入っていませんでした。

残念!

ドライバナナは、あまりにも定番すぎるのかも?

ここでは「ドライパイナップル、ドライマンゴー、柿」の3種類です。

「柿」が定番のドライフルーツ?

「柿」は、今のようにドライフルーツの種類が、いろいろと出る前から、日本のドライフルーツ元祖「干し柿」!

なるほど~^^

なので、「柿」も定番のドライフルーツに入れました。

定番のドライフルーツ3種類を比較してみました。

 

  • ドライパイナップル(フィリピン産)

パイナップルは、夏が旬。

南国の食べ物、というイメージが、強いですよね。

ビタミンB1を豊富に含んでいるので、パイナップルを食べると、夏バテの予防になります。

そんなパイナップルのドライフルーツを食べてみると?

 

少し硬めでザックリ感ある、甘くておいしい、パイナップルの味と香りが強い。

砂糖が多めかなと、私は思いましたが、甘党にはいいかも。

 

  • ドライマンゴー(フィリピン産)

フィリピン産やタイ産のマンゴーが、ドライフルーツによく使われています。

生のマンゴーは、とっても値段が高い!

でも、ドライフルーツなら、生のマンゴーよりも、お手軽ですね。

マンゴーは、5月~6月が旬で、女性にうれしいβカロチンが、入っています。

そんなマンゴーのドライフルーツを食べてみると?

 

甘すぎなくておいしい、すぐに噛み切れて食べやすい、マンゴーの風味が結構強い。

家にあるタイ産のマンゴーよりも、甘くて食べやすい、という意見でした。

 

  • 柿(国産)

ちー婆(ばぁ)の実家の庭に、柿の木があります。

ちー婆(ばぁ)が、生まれた年に、祖母が、植えてくれたそうです。

今も、毎年おいしい柿が、なりますよ^^

柿は、みかんの2倍のビタミンCを、たっぷりと含んだ、日本の代表果物ですね。

そんな柿のドライフルーツ(干し果物)を食べてみると?

 

甘くない干し柿の味、塩昆布のような食感、自然な柿の味。

市田柿というのを、初めて食べたので、こんなもんかな~と思うくらい。

食べやすく、細長く切ってありました。

Sponsored Link

ベリー系のドライフルーツ3種類で比較してみると?

ベリー系は、好みが好き好き、分かれますよね?

特に、定番のレーズン。

ちー婆(ばぁ)は、レーズンをおやつとして、そのままいくらでも食べれます。

料理でも、かぼちゃサラダを作るときには、欠かせません。

でも、ぶん爺(じぃ)は、レーズンを1粒ずつ箸でとって、普通のかぼちゃサラダに?

おいしいのにな~。

味の好みが分かれるベリー系のドライフルーツ3種類を比較してみました。

 

  • レーズン(アメリカ産)

カルフォルニアの太陽をたっぷり受け、ミネラルが、たっぷり詰まったレーズン。

今回は、ぶどうを枝付きのままドライフルーツにした、レーズンでした。

あまり見かけないので、興味津々。

そんなドライフルーツ、レーズン(干しブドウ)を食べてみると?

 

甘味が少ない、市販されているレーズンと同じ味、普通においしい。

枝付きレーズンが、珍しかったので、枝もかじってみました。

やっぱり固くて食べれなかった~!

 

  • ブルーベリー(アメリカ産)

隣の庭に、ブルーベリーの木が、3本あります。

大豊作の年には、お隣から声がかかって、ブルーベリー狩りをしたことも。

取れたてのブル―ベリーは、とっても甘い!

目の疲れに、とてもいいブルーベリー。

いくらでも、お腹に入ります。

そんなブルーベリーのドライフルーツを食べてみると?

 

味がいまいち、薬っぽい、硬さが残っている。

やっぱり生のブルーベリーがおいしいかな?

でも、ドライフルーツを、ケーキやパンに入れて、焼くといいかも。

 

  • クランベリー(アメリカ産)

日本では、あまり馴染みがない果物です。

ちー婆(ばぁ)は、クランベリーという果物を、実際この目で見たことがない。

アメリカでは、お馴染みの果物で、庭によく植えてあるそうです。

そんなクランベリーのドライフルーツを食べてみると?

 

酸っぱい、酸っぱさがちょうどいい、さわやかな酸っぱさでおいしい。

生のクランベリーを、食べたことはありません。

でも、ドライフルーツのクランベリーは、酸っぱいおいしさ。

家族投票では、ベスト3の1つでした。

Sponsored Link




国内産の果物をドライフルーツにした3種類で比較してみると?

青森のリンゴや愛媛のミカンは、国内でも有名ですね。

では、イチジクは?

イチジクの国内生産量、第1位は、愛知県。

全体の19%を、占めているそうです。

ちー婆(ばぁ)が、小さかった頃は、近所の家にイチジクの木が、あったような気がします。

国内産の果物を使ったドライフルーツ3種類を比較しました。

 

  • リンゴ(国内産)

ふじ、つがる、紅玉、赤リンゴに、青りんご。

秋が旬のリンゴには、甘い蜜とビタミンCが、たくさん入っていて、本当においしいですよね。

食物繊維も豊富なリンゴは、お腹にも優しい果物です。

子供が小さい頃、調子が悪いときは、リンゴのすりおろしをよく作っていました。

そんなリンゴのドライフルーツを食べてみると?

 

甘くておいしい、さっくりと程よい固さ、繊維感がなく噛んだ時とろけるよう。

リンゴのドライフルーツは、家族投票でおいしさNo1!

 

  • ミカン

愛媛以外では、和歌山や熊本もミカンの生産地として有名です。

ミカンは、代表的な柑橘系の果物。

ビタミンCが豊富で免疫力がアップ!

ちー婆(ばぁ)は、食べやすくて甘い小粒のミカンが、好きですね~。

そんなミカンのドライフルーツを食べてみると?

 

マーマレードのような味でおいしい、香りも甘みも強くていい、みかんの皮はないほうがいい。

ドライフルーツのミカンは、なかなかないですよね?

家族投票でベスト3の1つでした。

 

  • イチジク

漢字で「無花果」と書く、イチジク。

収穫時期は、夏と秋の2回あります。

でもやっぱり、秋の方がおいしい!

今回は、白イチジクが使われていました。

そんな白イチジクのドライフルーツを食べてみると?

 

何となく漢方薬の味がする、柿のような味がする、イチジクの粒々感がいい。

見た目は、シイタケ?

味は、ちゃんとイチジクでした。





これもドライフルーツにしたの?と思う3種類で比較してみると?

ドライフルーツに加工されていることが、あまりない果物3種類を、最後に比較しました。

 

  • イチゴ

ショートケーキには、欠かせないイチゴ。

生クリームの白とイチゴの赤が、対照的でとてもきれい!

イチゴの旬は、5月~6月。

でも、クリスマスの時期が、一番需要があるそうです。

そんなイチゴのドライフルーツを食べてみると?

 

イチゴの味がそのまま、イチゴの香りがいい、少し甘さが足りないけどツブツブ感がいい。

イチゴのドライフルーツは、意外と人気がありました。

 

  • キウイ

食物繊維が、バナナの2倍もあるキウイ。

ニュージーランドが、原産地だと思っていたら、中国が原産地!

よく熟したキーウイを半分に切って、スプーンですくって食べると、おいしいですよね。

そんなキウイのドライフルーツを食べてみると?

 

グミのような食感がしていい、おいしい、生のキウイよりも後味にイガイガ感が残る。

ドライフルーツにしてもおいしい。

でも、生のキウイの方がいいね、と意見一致!

 

  • レモン

疲れたときに、レモンをかじると気持ちがシャッキ!とします。

さわやかな香りもいいですよね~。

クエン酸が疲労回復、そして香りがアロマの代わりになる果物です。

そんなレモンのドライフルーツを食べてみると?

 

甘酸っぱさがちょうどいい、レモンの香りがとてもいい、皮にまだ苦みが残っていてレモンらしい味。

レモンのドライフルーツを、紅茶に入れてみました。

 

レモンティのように香りがよくなり、最後に残ったレモンも、おいしかったです。

他のフルーツでも、試してみたくなりました。

いろいろなフルーツティができそう^^

まとめ ドライフルーツ12種類の試食と味の比較について

今回、12種類のドライフルーツを食べて、1つ1つの種類の味を比較してみました。

楽しい大試食会でした^^

人それぞれの感想は、あるでしょうが。

ちー婆(ばぁ)の正直な感想は、どのドライフルーツも、「おいしい!」です。

 

なぜなら、ドライフルーツは、昔の人にとっては、旬の味を閉じ込めた命をつなぐ保存食。

また、人間の知恵と自然の恵みが、1つになってできた、おいしい食べ物だから。

「ありがとう!」

これからも、おいしくいただきます。

 

ちなみに、試食会終了後のドライフルーツは、キーパーにしっかりと保存。

このドライフルーツを使って、お菓子やパンも作ってみたいなと思います。

機会があれば、ちー婆(ばぁ)オリジナルのドライフルーツも、作って、味見したいわ~^^

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で