ちー婆(ばぁ)ちー婆(ばぁ)

こんにちは、ちー婆(ばぁ)です。

ネギは、台所の常備野菜。

色もきれいで、料理の色どりに欠かせません。

いつでも新鮮なネギが、料理に使えたら便利だと思いませんか?

 

ネギの育て方は、簡単?それとも難しい?

今回は、青ネギと白ネギ、2つのネギの育て方や違いを、実際に育てて比べてみました。

Sponsored Link




青ネギと白ネギの育て方には違いがあるの?プランターでも大丈夫?

ネギの原産地は、中国です。

2つの色「青と白」で、ネギの種類が分けられます。

青ネギは、「葉ネギ、万能ねぎ、細ネギ」など呼び名がいろいろあります。

白ネギは、「長ネギ」が代表です。

 

長ネギは、根元に近い茎の部分が、全体の3分の2くらい白く、葉の部分の緑が少ないですよね。

青ネギも白ネギも、種まきの時期は、春または秋。

 

種をまいて、芽が出るには、15度~25度の気温が必要です。

さらに芽がどんどん大きく育つには、20度~25度の気温が必要。

気温が上がっていく春に、種をまくほうが、ネギが育ちやすいです。

 

家庭菜園を始めたいけれど、畑になるような場所がな~い!

という理由で、あきらめている人いませんか?

 

結論から言うと、ネギは、プランターで育てることができます。

でも白ネギは、白い部分を作るのに、ちょっとした育て方の工夫が必要です。

また青ネギよりも、白ネギのほうが、収穫するまでの時間がかかります。

それでは、「青と白」それぞれのネギの育て方を、ご紹介しましょう。

青ネギの育て方は、白ネギの育て方よりも簡単って本当?

青ネギは、野菜作り初心者でも簡単に育てられる野菜だと言われています。

ネギの種として、「あさつき、九条ネギ、わけぎ」などを準備しましょう。

 

またネギの根には、抗菌作用があります。

花を一緒に植えると、植えた花が、病気にかかりにくくなるそうです。

すごいですね!

青ネギの種のまき方

青ネギ用のプランターでは、万能葉ネギをを作ることにしました。

種は、風に飛んでしまいそうなくらい小さくてびっくり!

ネギの種なんて初めて。

 

まず横長プランターの底に鉢底石をいれます。

これは、プランターの水はけをよくするためです。

 

次に、肥料の入った培養土を入れます。

 

土は、プランターの淵から数センチ間があくように入れます。

この数センチの隙間が、プランターに水をかけるとき役に立つ!

「ウオタ―スペース」と言って、プランターの淵からこぼれないようにするのです。

 

土の上に、深さ約1㎝のすじまき(種をまくための溝)を作ります。

種は小さいですが、光に当たると発芽しにくいので、やや深めの溝を作るといいです。

 

そして、5㎜間隔くらいで、種をていねいに溝の上にまいていきます。

 

蒔いた種の上から、指でつまんだくらいの土を、やさしくかけます^^

 

プランターは、日当たりと風通しのいい場所においてください。

種の芽が出るまで、水を毎日あげましょう。

ネギの発芽スピードはやや遅め。

芽が出るまで、のんびりと待ってあげてくださいね。

Sponsored Link




青ネギの発芽から間引き

種をまいた後、約1週間から10日くらいで、芽が出てきます。

ネギの芽は、ひょろっとして弱々しい感じです。

芽が出てきても、水やりは、やさしく毎日ていねいにが、基本!

たくさんの芽が育ってきた「間引き」の合図。

 

1つ1つの苗の間が、5㎝くらいになるよう、根っこから引き抜きます。

芽が込み合うところを中心に、順番に間引きすることがポイントです。

間引きして抜いたネギも大切な命。

刻んで、味噌汁の薬味などに、使ってあげるといいですね。

 

青ネギの種をまいてから、、毎朝プランターを見るのが日課になりました^^

いつ芽が出るんだろうとドキドキ、ワクワク。

 

青ネギの発芽は、予定では、種をまいてから1週間から10日。

でも梅雨入りとなってしまったので、温度が下がったせいか、なかなか芽が出ませんでした。

ついに、10日後! 青ネギの芽を発見!

 

青ネギの種は、風に飛ばされそうなくらい、小さくて軽かったけれど…。

青ネギの芽も、びっくりするくらい細~い!

梅雨の晴れ間が続いたので、芽が少しづつ大きくなりました。

 

さらに2週間後…。

いつの間にかこんなに大きくなっていて、びっくり!

 

青ネギを、間引きすることにしました^^

青ネギの種をまいた所から順番に、少しずつ間引きします。

できれば、一度に間引きせず、数日かけて少しずつ、間引きをした方がいいそうです。

青ネギの芽が、密集している所を、指先でかき分けて、数本の青ネギを根っこから引き抜きます。

 

青ネギの芽は、とても細くて弱いので、根の土の方を軽く押さえながら、とるといいですよ。

 

間引きした青ネギは、とっても小さいけれど、形はちゃんとネギでした!

 

間引きした青ネギは、もったいないので刻んで、夕食に食べました^^

 

青ネギを刻んだ時、ツーンとしたネギ独特のにおいがして、食べると味もネギでした^^

青ネギの成長から収穫

夏場は、西日を避けて、半日日陰くらいの場所へ、プランターを移動させましょう。

ネギの収穫の目安は、種をまいてから約60日です。

ネギの本葉が、5~6枚、草丈が30㎝くらいになったら収穫^^

 

新しい葉を2~3本残して収穫すると、次々に新しい葉が育ち、長期間収穫が楽しめます。

ネギの株本を数センチ残して、カットしても、そこからまた新しい芽が育ちます。

どちらの場合も、肥料は忘れずに。

 

追肥をすることで、ネギは続けて栄養を蓄えて大きくなります。

追肥の目安は、2週間に1回。

液体肥料でも、化成肥料でも発酵油粕(有機質肥料)でもOK。

肥料についてよくわからないときは、お店の人に相談してくださいね。

Sponsored Link

白ネギの育て方は青ネギの育て方と何が違うの?

白ネギ(長ネギ)は、青ネギの育て方と少し違います。

違いの1つ目は、発芽させた苗を、プランターに植え替えかえること。

 

もう1つの違いは、ネギの成長過程で、何回か土寄せして、ネギの白い部分を作ること。

その土寄せのために、畑で育てるほうがいいようですが、プランターでも大丈夫。

ちょっと時間と工夫が必要ですが、おいしいネギを食べるため!

白ネギの種のまき方

白ネギのプランターには、一本ネギを作ることにしました。

「早太りで寒さ熱さ病気に強い」というアピール文が魅力的だったので。

種は、青ネギとほとんど変わらないくらいの大きさでした。

2つの種が混ざってしまっても、ほとんど見分けがつかないような。

 

セルトレイやポットに、培養土を入れます。

青ネギと同じです。

ちー婆(ばぁ)は、プランターを使って種をまきました。

次に、種をまくための「まき穴」を作ります。

 

その穴に、種を2~3粒植えていきます。

 

表面が乾かないように、しっかりと水やりをします。

白ネギの発芽から間引き

芽が出たら、日によく当てて、芽が5㎝くらいになったら、間引きをします。

間引きは、1ポット1本の苗にしていきます。

プランターを使った場合も、間引きをして、丈夫な芽を残しましょう。

 

白ネギと青ネギのプランターが、分かりやすいようにネームタグを付けました。

白ネギは、青ネギよりも発芽が少し遅かったけれど…。

ついに12日後!

 

青ネギの芽よりも、細い!

梅雨の晴れ間に合わせて、青ネギがどんどん成長していく中、白ネギはマイペースに成長。

 

さらに2週間後…。

青ネギよりも、やっぱりマイペースな成長だけど、ちょっと大きくなってきたかな?

 

でも間引きは、まだもう少し先にします。

白ネギのプランターへの植え替え

ネギの苗が、15㎝くらいになったら、プランターに植え替えます。

プランターは、青ネギの時と同じように、鉢底石を入れて、培養土を準備します。

65㎝くらいのプランターに、ネギの苗は、10株くらい植えるのがベスト。

植え替えの時は、溝をしっかりと掘って、ネギがまっすぐになるように、土を寄せます。

ここがポイント!

白ネギの成長から収穫

ここまでは、だいたい青ネギと同じ育て方。

でもここからが、白ネギを育てるときにひと工夫必要なところです。

畑に植えれば、ネギに土をかける「土寄せ」という作業をします。

でも、プランターで育てるときは、土寄せするほどの土が、十分ありませんよね。

 

そこで土の代わりに、新聞紙が登場!?

新聞紙を使ってネギの根元を覆います。

難しい言葉では、「軟白処理」と言うそうです。

 

まず、プランターの両端に、支柱を立てます。

そして、苗の根元が、かくれるくらい(10~15㎝)新聞紙をその支柱に、巻き付けます。

 

上からの光もさえぎるため、苗と苗の間の新聞紙を洗濯ばさみで止めます。

これで、横からも上からも、太陽の光が、苗の根元には当たりません。

土の中に、ネギを植えているのと同じ状態です。

 

だから、太陽の光が当たらない部分は、白くなります。

なるほど~。

 

ネギの成長に合わせて、この作業を3~4回繰り返します。

もちろん新聞紙は、毎回5㎝くらいずつ、長くして巻き付ける!

ネギは、上へと、どんどん成長していくので。

3~4か月たったら、株内の間引きもしましょう。

 

間引きをしたら、必ず肥料もあげること!

丈夫な1本の苗を残していけるといいですね。

白ネギの育て方は、結構手間と時間がかかりますよね。

約6か月後に、おいしい長ネギが、収穫できます。





青ネギのすごいところは?

青ネギは、ネギ全体が緑色。

人参やカボチャと同じ、「緑黄色野菜」の仲間です。

緑黄色野菜と聞いただけで、体に良さそう^^

βカロチンが豊富で、体の中の悪い菌をたおします。

 

他には、カルシウムやビタミンKも含まれています。

カルシウムは、牛乳やチーズなど乳製品にしかないような気がしませんか?

 

最後に、あまり聞きなれない「葉酸」もあります。

医学界では、造血のビタミンと呼ばれ、ヒトの体にとても重要な働きをします。

青ネギは、香りがよく、料理では「薬味」として使うことが多いネギです。

 

生の青ネギを、納豆に混ぜたり、豆腐にのせたり、味噌汁に入れるだけで、おいしさがアップ!

冷凍された青ネギも便利!

生ネギよりも長く保存がきくし、カットされているのでそのまま使えます。

忙しい主婦には大助かり^^

 

ちー婆(ばぁ)も、冷凍ネギをよく料理に使います。

でも、解凍するとベタ~となって、薬味としてはマイナスかな~。

生ネギ、冷凍ネギ、それぞれの長所を生かした使い方ができればいいですよね。

白ネギのすごいところは?

白ネギは、緑色の葉の部分もありますが、白の方が多いので「淡色野菜」です。

ネギ独特のぬめりが、青ネギよりも強く、このぬめりが、甘みと柔らかさの素。

食物繊維が、たっぷりと入っている証拠です。

 

長ネギには、有名なアリシンが入っています。

聞いたことがない?

では、血液をサラサラの素と言えば?

 

体にいいと言われると、ついつい試したくなるちー婆(ばぁ)。

流行ってた頃(?)は、サラダや味噌汁に、ほとんど毎日使っていました。

ネギは、切ってすぐに使わずに、15分くらいおいたほうがいいそうです。

 

風邪をひいたとき、お粥に少しネギも一緒に入れると、免疫力が付きます。

昔、「ネギをのどに巻いておけば、風邪予防になる」なんてことを、お祖母ちゃんが言っていたような?!

昔からの言い伝えは、やっぱり何かちゃんとした科学的な理由があるんですね~。

 

アリシンには、神経を鎮めてくれる働きもあります。

難しい言葉では「揮発性」というらしい。

ネギを切るときに、ツーンとしたネギ独特のにおいがしますね。

そのにおいのもとが、アリシン。

 

夕食にネギを少し多めに食べたり、寝る前にちょっとかじる?とぐっすりと眠れるそうですよ。

食べるのではなく、切ったネギを枕元に少し置くだけでもいいそうです。

ちー婆(ばぁ)は、けっこう早寝早起きの生活です。

ネギがなくても眠れそう?!

青ネギと白ネギの育て方についてのまとめ

青ネギと白ネギ、そんなにかわらない同じネギだと思っていました~。

育て方が違うので、白ネギになるとは驚き!

今、ちー婆(ばぁ)は、6種類の花の苗を、プランターに植えています。

花が育っていくのを見るのが楽しみ^^な毎日です。

 

ネギの育て方がわかったので、青ネギと白ネギをプランターで育てます。

種から野菜を育てるのは、本当に初待て。

まずは、芽がちゃんと出てくれるのか?それが心配。

でも、大きくなるのが楽しみです!

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で