ちー婆(ばぁ)ちー婆(ばぁ)

こんにちは、ちー婆(ばぁ)です。

先月、北海道旅行に行った時に、朝食バイキングで焼きたてのワッフルを食べました。

北海道旅行でバイキング料理を堪能!

阿寒湖温泉ホテル鶴雅ウイングスで贅沢な温泉巡りとバイキング料理を楽しむべし!

甘くて香ばしい、ワッフルのにおいに誘われて、朝から何枚もおかわり!^^

ワッフルは、どれも同じだと思っていたのですが、いろいろな種類があるのですね~。

ワッフルの種類が違うのも食べてみたくなったので、詳しく調べてみることに。

Sponsored Link




ワッフルの種類 定番から最新まで!

ワッフルの種類は、いくつくらいあると思いますか。

ベルギーワッフルという種類が、まず思い浮かびますか?

 

そうですね。

ワッフルで有名な国、といえばベルギー。

生地を、イースト菌で発酵させて作るのが、ベルギーワッフルという種類です。

作り方は、同じですが、ベルギーワッフルは、場所によって2つの種類に、分かれています。

ベルギーワッフル(リエージュワッフル)

ベルギーの中世都市リエージュを中心に作られたワッフルが、リエージュワッフル。

形は丸く、生地の中にパールシュガーが、入っています。

 

このパールシュガーは、熱に強いので、砂糖ですが、生地を焼いても溶けにくい。

だから、リエージュワッフルを食べたときの食感は、やや硬めでサクッとした歯ごたえがあります。

ほんのりとした甘さもあります。

しっかりとした生地なので、お店で買ってテイクアウト。

そのまま持ち歩いての食べ歩きが、おしゃれなワッフルの種類です。

ベルギーワッフル(ブリュッセルワッフル)

ベルギーの首都は? ブリュッセル。

その場所を中心に作られたワッフルが、ブリュッセルワッフルです。

形は、リエージュワッフルよりも、やや大きめの長方形

 

地元では、朝食として食べることが、多いそうです。

理由は、甘さ控えめの生地なので、トッピングが自由にできるから!

粉砂糖、はちみつ、生クリームなど甘いものから、果物、ヨーグルトなど好きなように、自分でアレンジできる!

サラダにワッフルを添えても、ヘルシーな食べ方!

ナイフとフォークを使って、カフェでのんびりと、いただきたいワッフルの種類です。

ストロープワッフル

ストロープワッフルは、オランダが発祥の地。

 

ストロープとは、英語でstoroop(シロップやはちみつ)のことです。

ワッフルはどれも同じ、と思っていた自分には、衝撃的でした~。

直径10センチくらいの、丸い形のワッフルの間に、シロップなどを挟みます。

 

焼いている途中で、ワッフル生地を半分に切る、側面にシロップを塗る、最後まで焼き上げるという順番。

サクッとした食感と、ワッフルの間からトロリとしみ出るシロップが、特に特徴的な種類のワッフルです。

 

オランダでは、おやつとして、人気があります。

コーヒーでも紅茶でも、どちらにも合いそう、子供ならジュースと一緒に?

おいしそう!

アメリカンワッフル

ベルギーワッフルは、時間をかけてイースト菌で発酵して生地を作ります。

でも、アメリカンワッフルは、発酵時間の手間を省けるように、ベーキングパウダーを使って、生地を膨らませています。

 

ケーキやクッキーを作るときに使う、ベーキングパウダー。

それをワッフルに使う!

さすが、アメリカ、斬新なアイデア。

そして効率的!

 

生地の食感は、ふわっとして柔らかく、ホットケーキみたいなワッフルの種類だ、と言われています。

生クリームとの相性が、いいそうなので、たっぷりとワッフルの上にのせて、食べてみたいですね。

香港風ワッフル

鶏卵子(ゲイダンジャイ)

鶏の卵の子供、という名前のお菓子です。

卵とココナッツミルクを混ぜ合わせ、そこに小麦粉を入れて、生地を作ります。

 

やや甘めの素朴なお菓子。

生地にバターや砂糖、ピーナッツバター、練乳などを入れることもあります。

小さめのたこ焼き器のような型で、半円形の形を作り、2つを折りたたんで、丸い形にします。

その食感は、外側はカリカリと香ばしく、ワッフルの中は、もっちりとした感じの種類になります。

 

香港の街角では、いたるところにお店があって、売られています。

テイクアウト菓子の代表です。

どの食べ物も同じですが、焼きたてが、一番おいしい!

買ったらすぐに、いただきましょう!

モッフル

ワッフルは、海外のお菓子だ、と思っていたら、なんと日本にも!

モッフルとは、焼き型にそのままお餅を入れて、ワッフルのように焼いたものです。

バターや卵、牛乳、砂糖を使う普通のワッフルが、1つ約190カロリー。

でも、モッフルの材料は、おもちだけ。

 

油を使わないので、とってもヘルシー。

また、モッフルのアレンジは、自由!

主食として、おやつとして、いろいろな組み合わせが、楽しめそうですね。

 

モチとワッフルで、合わせてモッフル!

小麦粉の代わりに、米粉を使って焼いた、ワッフルもあります。

日本ならではの種類を、よく作ったものだな、と思います。

 

ここに紹介した、ワッフルの種類は、それぞれの国で、いろいろとアレンジされた、ワッフルです。

ワッフルとして共通点は、ワッフルのギザギザした波型の形。

 

ギザギザの形になった理由は、18世紀の産業革命にあります。

ベルギーは、北フランスなどを中心に、レース・宝飾品・高級菓子などの贅沢品を、輸出していました。

ギザギザ型でワッフルを焼き、高級菓子として輸出しました。

 

ワッフルの波型ギザギザは、レースのように見えませんか?

高級菓子として、貴族に買ってもらうためには、他のお菓子よりも、おしゃれで目立ったほうがいい^^

だから、あのような形になった?とも言われています。

Sponsored Link




ワッフルを使った食べ物の種類は?

ワッフルクッキー、ワッフルロールケーキ、ワッフルコーン。

 

ワッフル・・・と名前がつく食べ物の種類は、意外と身近に多いと思いませんか?

ちなみに、ワッフルという言葉は、waffleで英語。

ワッフルの意味は、ハチの巣模様。

ワッフルの波型を、よ~く見ると、ハチの巣の網目みたいですよね。

 

でも、ワッフルは、もともとヨーロッパで、生まれた食べ物。

アメリカに移住したオランダ人が、ハチの巣模様のパンケーキを、wafelとドイツ語で呼んでいたのが、始まりだそうです。

 

日本には、アメリカ経由でワッフルが入ってきたので、英語のwaffleが、使われるようになりました。

そして、ワッフル模様のワッフルクッキー、ワッフルロールケーキ、ワッフルコーン、といろいろな種類に、大進化!?

 

すごいですよね~。

ちー婆が、ちょっと聞きなれないワッフル・・・もあったので紹介します。

ワッフルチキン

アメリカやカナダで大人気!?

ワッフルとの組み合わせの点で、かわったワッフルの種類の1つ。

でもワッフルと一緒に食べる組み合わせは自由。

 

ということで、ワッフルチキンは、その名の通り、ワッフルとフライドチキンを一緒に食べます。

もちろん上からシロップをかけて!

 

食べたことありますか?

カロリーが気になるけど、どんな味?

ワッフルシガレッタ

何だろう?

調べてみると、小さい頃食べた駄菓子でも、似たものがあったことを、思い出しました。

ワッフルシガレッタとは、ワッフルの周りにチョコレートを、コーティングしたものです。

 

ワッフルコーンの周りに、チョコレートが、薄くコーテイングされたアイスがありますね。

アイスの中でも、大好きな種類の1つです。

まとめ ワッフルと種類について

ヨーロッパから、世界へと広まっていったワッフル。

広まった国の人々が、生活の中で、自分流にアレンジして、いろいろな種類のワッフルができました。

国が違っても、おいしいものが食べたい!という思いは同じ。

 

これからも、ワッフルの種類は、限りなく進化していくんじゃないかな~と思います。

ワッフルとの組み合わせを、自分流にアレンジして、朝食やランチメニュー、デザートに食べてみませんか?

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で